225先物・実践への道 入門~基礎編②

前回の記事はこちら
225先物・実践への道 入門~基礎編①

 前回は日経225先物とは、というお話を、大元の日経平均株価を意識しながらお話しました。その中で225先物には「ラージ」と「ミニ」があると触れましたが、今回はその225商品の具体像と、取引した際に実際に動くお金の大きさについてお話したいと思います。225先物のダイナミックな側面がお伝えできればと思います。

225先物の醍醐味は?

まず最初に、ラージとミニの商品の特徴を表にしておきます。

ラージとミニの商品の特徴

 225先物の金融商品の醍醐味といえば、やはりその運用の「効率性」だといえます。表をみてお分かりのように、ラージというのは225先物価格の1,000倍相当の取引をする商品です。225先物は10,000円台ですから、大雑把に見ても1,000万円相当の取引です。この1,000万円相当の塊(パッケージといったほうがよいでしょうか)がラージの1単位であり、1枚(いちまい)といいます。この塊を2つ、3つ取引する場合は、2枚、3枚と数え、実際の金額はそれぞれ2,000万円相当、3,000万円相当となるのです。よく、1株、2株という方がいますが、先物取引の世界では「株」という数え方はしません。証券会社さんとの混乱をさけるためにも、「枚」という呼称になれておきたいものです。

 ラージは、1,000万円相当の取引ですが、でも1,000万円の資金を用意する必要はありません。開始するに当っては最低330,000円あれば可能なのです(ただし、証券会社によって維持証拠金の規定など差異があります)。この1,000万円相当の取引で特に重要なのは、指数の値動きが10円刻み。つまりいったん10円ラージが上昇すると、実際の資金は10円×1,000倍=10,000円上昇することになります。反対に10円ラージが下落すると、実際には10円×1,000倍=10,000円下落することになります。つまりちょっとした値動きが、大きな資金の動き(損益)をもたらすということです。このように小さな資金(330,000円)で大きな資金(1,000万円)を動かすことが出来、その実際の効果は、わずかの値段の動きで(10円)、大きな資金の損益(±10,000円)をもたらすということです。この僅かのオカネが大きな資金を動かす効果をレバレッジとか梃子の原理といい、ラージの場合ですと25倍強の資金を動かしていることになります。ですから手持ちで1,000万円が自由になるお金持ちでなくても、この梃子の原理のおかげで取引に参加できるわけです。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 225先物・実践への道 入門~基礎編②