225先物・実践への道 入門~基礎編①

日経平均株価と日経225先物

 まずは、改めて日経225先物とは何なのか。日経平均株価を元に整理することから始めましょう。

 225先物は、将来の日経平均株価(日経225)のことです。将来の・・・といっても漠然としており、具体的には今年の9月とか12月とか、「3の倍数の月」で先々の日経平均株価のことを225先物として商品化されたものです。

 日経平均株価は東京証券取引所の一部市場に上場・取引されている銘柄から代表選手225銘柄を選び、単純平均したもの(実際にはダウ方式という修正措置がとられ)を日本経済新聞社が公表するもの、それに対して、225先物は大阪証券取引所で市場が開設・取引され、値段の公表も大証が行うというように、全く別々の場所で取り扱われること。そして日経平均株価は現物株の指標に過ぎませんが、日経225先物は招来の日経平均株価の指標であると同時に、取引も可能である「商品」であること。この違いが重要です。

 225先物と一口に言っても、今の時点(2009年12月現在)では12月物、3月、6月、9月、12月という5種類の「225先物」があります。12月の225先物は今年の12月、まさに今月の日経平均株価です。じゃ、12月の225先物は現物の「日経平均株価」と一緒にならないの?と思うかもしれませんね。考え方としては合っています。12月の225先物は12月の満期(第2金曜日)に満期を迎え、まさにその日に「現物」としての値段の形をとります。価格ボード上で先物が現物に一致するのです。その値段を特別清算指数(SQエスキュー)といい、先物が現物に一致して、その先物としての役割を終えることになります。225先物が有形物であれば、その満期の日に売り手から買い手への「受渡」というのが履行されるはずなのですが、現物がないため、現物値段に相当するSQの決定とそれに基づいた残余の取引の決済・清算をもって、12月物は消失する、というイメージになります。実際には日経平均株価と日経225先物はその値段の決め方に差異がある関係で、清算指数は必ずしも日経平均株価とは一致しませんので、ご注意ください。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 225先物・実践への道 入門~基礎編①