【Alox分析】アラーム分析ランキング -2017年2月~2018年1月-

【データについて】
<データ件数>    3502社

<データ作成方法>
EDINETから入手した財務情報をアラーム管理システムにて分析して作成

<データ抽出条件>
(1)最新決算年月が2017年2月から2018年1月までのデータ
(2)連続した決算書は3期分以上
(3)連結と単独の決算が両方ある場合は、連結を優先
(4)アラームの分析対象外業種(銀行、生損保、証券)は除く

※ 毎年の掲載企業数が違うのは、同率ランクの企業数等の影響で、キリの良い数字の抽出が難しいためです。
今年は、キリの良い数字ではありませんが、48社とさせて頂きました。

【昨年との比較】
2018年配信 40点以下:184社 100点:10社
2017年配信 40点以下:177社 100点:11社
2016年配信 40点以下:169社 100点:8社

100点満点企業の数は、それほど変化していない。
40点以下の企業が徐々に増えている。

新規上場の企業が増えているのも一因だが、財務余力の低い上場企業が増えているのは間違いない。

【下位48社の傾向】
48社中、27社は赤字が常態化※している。
48社中、昨年もランクインしたのは、24社。
48社中、16社が創薬やバイオ系の企業。
48社中、2社が上場廃止となった。

創薬系で顕著だが、毎年ランクインする常連企業が増えてきた。
また、3期連続赤字企業の数も半数以上に達している。
それらの企業は、本業で現金を創出することはできないが、外部からの資金調達の能力に長けている。

大した話ではないのだが、赤字が常態化している企業の中には、当期純損失とのみ勘定科目を記載し、正の数値(例えば-5000ではなく、5000)と記入されているので、一瞬だが黒字と勘違いすることもあった。

常に、赤字(当期純損失)が当たり前となっており、それを前提として決算書を作成しているので、極めて違和感がある。

その他、業態変更、事業領域の拡大、内部統制の不備、別会社の傘下入り、投資先行企業など、点数に見合った企業属性を具備しており、これはいつも通りの傾向だ。


3期連続赤字の会社を「赤字の常態化」と定義。

【総括】
昨年の上場企業の倒産は2件である。
今年は、1件(日本海洋掘削)の倒産が発生し、倒産には該当しないが、田淵電機が事業再生ADR※を申請した。

創薬系の上場企業を除けば、赤字が状態化している企業は、何らかのテコ入れが必要となる。

それが合法的な手段であれば問題ないが、粉飾に手を染める企業もあるかもしれない。

「監査法人の交代」、「適時開示遅れ」、「社名変更」は、粉飾を行っている企業の属性であり、これらを踏まえて取引先を見ると要管理先企業が増えるかもしれない。

間違っても、「上場企業という理由」で、「緩やか企業評価をすること」は危険だ。

昨今の上場企業の粉飾や検査データの不正を思い起こせば、実例を挙げる必要はない。


事業再生ADRとは
経営危機に至った企業が、民事再生法や会社更生法の申し立てによる法的手続きに替え、中立な第三者機関であるADR事業者の手によって、債権者・債務者間の話し合いをもとに自主的な整理手続きによって問題解決を図ること。
(参照資料:コトバンク『事業再生ADR』)

【注意】本コンテンツは各種情報の提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。記載された情報を使用することにより生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。また、本コンテンツに記載された意見・見通しは表記時点での私見を反映したものであり、今後変更されることがあります。

1 2 3

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 【Alox分析】アラーム分析ランキング -2017年2月~2018年1月-