今週は、アメリカの長期金利と為替に注目。下値は23200円水準か

(指標)日経平均

 先週の予測としては、まずは終値で年初来高値24129円、ザラ場での年初来高値24280円を上回れば24500円が目先の上値になるとし、9月からの急上昇の反動でいったん調整してもおかしくないとしました。

 結局、週前半は10月2日(火)に24448円まで上昇するものの24500円には届かず、10月3日(水)は円安一服から利益確定売りで▼159円の24110円と4日ぶりに反落し、10月4日(木)は時間外でアメリカ株先物の下落を受け心理的フシ目の24000円を割って引けました。週末はアメリカ市場で2011年以来の金利上昇となったことで、アメリカ株式の3指標が大きく下げ、日経平均も連動して▼191円の23783円で引けました。

 今週の日経平均は、米長期金利が焦点となり、長期金利の上昇が日米の金利差拡大期待を背景に円売り・ドル買いとなれば株式は上昇し、長期金利の上昇が早すぎるとの見方が続けば米株価の下落となり、日経平均も連動することになります。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、アメリカの長期金利と為替に注目。下値は23200円水準か