今週は、米中貿易戦争を背景に、日米貿易交渉に注目

先週は、円安、アメリカ株高にサポートされ、6連騰となって24000円に接近

 先週の予測では、為替のドル高、円安基調で戻りを試すも、米中貿易摩擦は引き続き要注意としました。

 結果的には、米中貿易摩擦は継続しているものの第3弾の追加の関税が24日に発動されるものの、税率が当初の25%から10%と低くなったことで、貿易摩擦の激化懸念が後退し、経済指標も好調で10年債利回りが再び3%台にのせ、ドル高、株高となったことで、日経平均も大きく戻りが続くことになりました。前週末14日(金)の23000円のフシを突破した勢いから、真空地帯を駆け上がり、週末は23971円と24000円に接近し23869円で引けました。

 3連休明けの18日(火)は、朝方はトランプ大統領が対中制裁関税の第3弾を24日に発動すると発表したことで、▼52円の23042円で寄り付くものの、▼55円の23039円をつけたあとは織り込み済みとの見方から目先アク抜けとなり、先物主導で上げ幅を拡大し、買い戻しも加わって後場は一段高となり、一時△386円の23481円まで上昇して終値は△325円の23420円の3連騰となりました。

 19日(水)は、前日のアメリカ市場で対中制裁関税が10%(当初25%予想)にとどまったことで、対中の貿易摩擦の緩和が期待され3指標そろって反発したことで、日経平均は△334円の23754円と大きく高寄りし、後場は112円台半ばの円安を受けて、一時△421円の23842円まで上昇しましたが、利益確定売りに押され△251円の23672円で引けました。

 20日(木)は、NYダウの上昇と欧州株高を受け、買い先行となって△80円で寄り付くものの、利益確定売りに押され前日の終値をはさんで上下90円くらいの上下動を繰り返し、終値は△2円の23674円で引けましたが、5日続伸となりました。

 21日(金)は前日のアメリカ市場でNYダウが8ヶ月ぶりの史上最高値更新となり、10年債利回りも3%台と4ヶ月ぶりの水準となってドル買いが進行し、円は112円台後半の動きとなったことで、日経平均は△173円の23848円で寄り付き、高値圏でもみあっていましたが、後場には上海株式の上昇を受け、一時△296円の23971円と24000円に接近する動きとなりました。終値では△195円の23869円と6日続伸で引けました。

 21日(金)週末のアメリカ市場は、米中貿易戦争への懸念が後退したことで、引き続きNYダウは2日連続の史上最高値更新となりました。しかし、ナスダック、S&Pは反落し、シカゴの日経先物も▼25円の23725円で引けました。

 日本市場が休場の9月24日(月)のアメリカ市場は、中国が米国との通商交渉を止めると伝わったことで米中貿易戦争の長期化への懸念が高まり、NYダウ▼181ドルの26562ドルの反落となりました。しかし、ナスダックは△6Pの7993Pの反発でした。柴田罫線では27000ドル水準から上は、いったんピークをつける可能性もあり注意が必要です。シカゴの日経先物は▼50円の23700円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、米中貿易戦争を背景に、日米貿易交渉に注目