今週は、為替の落ち着きで戻り試すも、米中貿易摩擦は引き続き要注意

先週は、アメリカ株高、円安基調の中で、トルコ中央銀行の大幅利上げ好感し23000円台回復

 先週の予測では、前週末の7日(金)に▼180円の22307円となって、再び25日、75日、200日移動平均線を切って引けたので、テクニカル的には下値模索の可能性がありました。そのため、米中貿易摩擦の激化がなければ22000~22500円のレンジ内での軟調な動きを想定し、一方でこれら移動平均線のフシとなるところで、出来高、売買代金が低水準できているため、アメリカ株高、ドル高、円安となれば戻りは早いかもしれないとしました。

 結果的に、週前半は円安基調で反発に転じ、先物主導で一気に22600円台回復し、その後は米中貿易摩擦の落ち着きと、NYダウ高さらに週後半は、トルコ中央銀行が予想以上の大きな利上げを行ったことで新興国通貨安に対する懸念が後退し、アメリカの株高、ドル高を受け週末の日本株式は△273円の23094円と7ヶ月ぶりに23000円台を回復して引けました。

 9月10日(月)は、前週末のアメリカ株安を受け、又、対中国の貿易摩擦の懸念もあって▼53円の22253円で寄り付きましたが、円が弱含むと先物主導でプラスに転じ、後場の大引け間際には△89円の22396円まで上昇して△66円の22373円と7日ぶりの反発となりました。

 11日(火)は、アメリカ市場で半導体指数が反発したことで、ナスダックとS&Pが5日ぶりに反発したことで、△96円の22469円で寄り付き、円安基調もあって先物主導で値ガサのハイテク株が買われ、終値は△291円の22664円とマドを空けて上昇して大幅続伸となりました。

 予想外の上昇でしたが円安をサポートに外国人投資家の週末のSQに絡んだ先物買いによるものだという解説がなされていました。

 12日(水)は、前日のアメリカ株式は3指標そろって大幅上昇でしたが、日経平均は前日に先物主導で一方的な上げ方をしており、その反動で反落し、一時▼142円の22522円まで下げましたが、終値では▼60円の22604円を3日ぶりの反落となりました。

 13日(木)は、寄り前発表の7月機械受注が市場予想を上回り、米中の貿易摩擦の落ち着きへの期待感が強まり、先物主導で前場は△253円の22858円まで上昇しましたが、買い一巡後は上値重く、後場は22800円前後で50円幅強でのもみあい状況が続き、終値は△216円の22821円と反発しました。

 14日(金)は、前日のアメリカ市場で、米国とカナダの通商交渉の進展期待が高まる中、トルコ中央銀行が大幅な利上げに踏み切ったことで新興国の通貨安への懸念が後退し、アメリカ株が3指標そろって大幅高となり、ドルも112円近辺まで買われたことで、日経平均は△214円の23035円で寄り付き、22965円まで押し目を入れたあとは、23000円台でのもみあいとなり、後場には△283円の23105円まで上昇して△273円の23094円と7ヶ月半ぶりに23000円台のせで引けました。

 この日先物オプションの9月限は23057円となり、終値はこれを上回って引けました。

 17日(月)は日本市場は敬老の日で休場でしたが、この日のアメリカ市場は、アメリカが中国に対して提案した通商交渉再開の拒絶を検討しているということで売り先行となり、又、トランプ政権が中国に対して第3弾の追加の制裁関税を発動の予定ということを嫌気し、3指標そろって反落(NYダウ▼92ドルの26062ドル、ナスダック▼114Pの7895P、S&P▼16Pの2888P)となりました。シカゴの日経先物は△45円の23015円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、為替の落ち着きで戻り試すも、米中貿易摩擦は引き続き要注意