今週は、米中貿易摩擦の激化なければ、22000~22500円のレンジでの動きを想定

先週は、米株安、ドル弱含み、台風、北海道地震受け、一時22200円割れ

 先週の予測では、前週に23000円の上値の壁に跳ね返されたことで、22300~23000円のレンジの中で、短期調整となって下値の22300円を試す動きとなりそうだとしました。

 結果的には、予想外の台風の被害、北海道地震が起きたことで週末の7日(金)は、一時22172円まで下げ、▼180円の22307円で引け、再び8月24日に上にぬけた25日、75日、200日の移動平均線を一気に下回ることになりました。週の前半、中盤にかけては、米国のカナダや中国との通商政策の不透明さや、アメリカ市場でハイテク株主体のナスダックが大幅安となり、為替も円高基調となったことが、日経平均の下落の要因でした。週末には台風被害、北海道大地震という予想外の悪材料が生じました。

 9月3日(月)は、米国とカナダのNAFTAの交渉が合意できず、対中追加制裁に対する発動への懸念から上海株式が下落したことで、一時▼180円の22684円まで下げ、終値は▼157円の22707円と続落しました。

 4日(火)は、前日のアメリカ市場はレーバーデーで休場でしたが、米株価先物が堅調だったことで△32円の22740円と買い先行で始まりました。しかし、材料に欠け方向性のない展開となり▼95円の22612円まで下げたあとは、前日の終値水準をはさんでもみあい、▼10円の22696円の小幅続落となりました。

 5日(水)は、米通商政策の先行き不透明感から売り先行で始まり、前引けは▼65円の22631円でしたが、後場になると上海株式が一段安となったことを嫌気し、▼126円の22570円で寄り付き、ここをこの日の安値にしてもみあい▼116円の22580円と4日続落で引けました。

 6日(木)は、前日のアメリカ市場では、NYダウは△22ドルの小反発だったものの、11月の米中間選挙に向けてSNSに対する規制強化懸念は高まり、ツイッターやフェイスブックなどが軒並み安となり、他のIT株も連動したことでナスダックは▼96Pの7995Pの大幅下落となりました。

 これを受けて日本市場は、ハイテク株関連を中心に売られ、為替は円高基調となっていることで、一時▼164円の22416円まで下げ、終値は▼92円の22487円と22500円を切って、7ヶ月ぶりの5日続落となりました。

 7日(金)は、前日のアメリカ市場は、NYダウは続伸となったもののナスダックは市況悪化懸念から半導体が大きく売られたことで、▼72Pの7922Pと3日続落となり、トランプ大統領が日本への貿易戦争をほのめかしたことで、為替が一時110.52円の円高となっていたことで、日経平均は▼136円の22351円で寄り付き、さらに予想外の台風被害と北海道地震による被害への影響懸念から、一時▼315円の22172円と22200円を下回る動きとなりました。終値では日銀によるETF買い期待から買い戻しを誘いましたが▼180円の22307円と6日続落で引けました。

 7日(金)のアメリカ市場は、注目の8月雇用統計は、非農業部門雇用者数は予想を上回り、賃金も9年2ヶ月ぶりの大きな伸びとなったことで、インフレ圧力が強まる見方から利上げペースの加速観測が高まりました。株式市場は、トランプ大統領が中国からの輸入品に対して2670億ドル(約30兆円)相当の追加制裁の用意があると表明したことで3指標そろって下落となりました。シカゴ日経先物は▼35円の22345円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、米中貿易摩擦の激化なければ、22000~22500円のレンジでの動きを想定