今週は、トランプ大統領のドル高けん制発言と通商摩擦の行方に注目

先週前半は、円安基調とアメリカ株高を受け、23000円接近するが失速

 先週の予測では、アメリカ株式が堅調ならば、サポートされて戻りを試すが上値は重いとしました。チャート上は、目先の上値22823円を突破すれば5月2日の高値23050円が視野に入るとしました。

 結果的には、22949円まで上昇するものの23000円を前に上値重く、週末はNYダウの6日ぶりの反落を受けて▼66円の22697円で引けました。

 3連休明けの17日(火)は、前日のアメリカ株式は、マチマチの動きでしたが、1ドル=112円台後半の円安と海外投資家の買いで需給関係が良く、△100円の22697円と3日続伸してスタートしました。

 18日(水)は、前日のアメリカで注目のFRB議長の議会証言は無難な内容(漸進的な利上げ継続)だったことで、3指標そろって上昇し、これを受けて日経平均は△220円の22917円で寄り付き、一時△251円の22949円まで上昇しました。しかし、後場になると上昇ピッチの早さに対する警戒感もあり、利益確定売りに押され、△96円の22794円と上げ幅を縮小したものの、4日続伸となりました。

 19日(木)は、NYダウの5日続伸と為替も円安を受けて△77円の22871円で寄り付いたあと、一時△132円の22926円と22900円台を回復するものの、後場になると上海株式が下げに転じたことが意識され、マイナスに転じて▼29円の22764円と5日ぶりの小反落となりました。

 週末の20日(金)は、前日のアメリカ市場で為替が一時1ドル=113.17円までドル高・円安となったものの、トランプ大統領がFRBの利上げを望まないという異例のコメントをしたことで、112.06円までドルが急落し、NYダウが▼134ドルの25064ドルと6日ぶりの反落となり、これを受けて日経平均は▼30円の22734円で始まり、後場には一時▼223円の22541円まで下落しました。しかし、上海株式が急浮上すると、大引けにかけて下げ渋り、▼66円の22697円の続落で引けました。

 20日(金)の日本市場の引け後にアメリカ市場では、マイクロソフトなどの企業決算は好調だったものの、トランプ大統領が前日に続いて利上げは減税などの政策効果を損なうと金融政策について異例の発言を繰り返したことで、3指標とも小幅安で引けました。為替はドルが大きく売られ111.42円で引けたことで、シカゴの日経先物は▼195円の22525円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、トランプ大統領のドル高けん制発言と通商摩擦の行方に注目