引き続き、米中貿易問題に注意。新たに米欧貿易問題も

先週は、米中貿易摩擦の激化に振り回されるが、ナスダックは好調で日経平均も22500円台守る

 先週の予測では、米中貿易摩擦とOPEC会議(日本の市場が週末終わったあと)の行方に要注意としました。結果的に、米中貿易戦争の様相を呈し、NYダウは21日(木)まで8日続落となり、日経平均はナスダック指数の史上最高値更新もあって、ハイテク値ガサ株が上昇し、大きな上下動となりました。米中貿易摩擦が悪化すれば、一時的に22500円を下回ることも考えられるとしていましたが、19日(火)は▼401円の22278円の安値引けとなったことで、翌日の20日(水)は22167円の安値をつけ、その後は22500円台を回復しました。週後半の2日間は22500円をはさんだもみあいとなり、週の終値は▼176円の22516円とかろうじて22500円台を守って引けました。

 18日(月)は、前週末の米中貿易摩擦懸念で、アメリカ株式が売られたことで▼45円の22806円で寄り付き、後場には一時▼250円の22601円まで下げ、終値は▼171円の22680円の大幅反落となりました。この日の引け後のアメリカ市場は、高安マチマチとなってNYダウは▼103ドルの24987ドルだったことを嫌気し、▼114円の22565円で寄り付き、前引けは▼197円の22482円と22500円を割り込みました。後場になると心理的なフシ目である22500円を割り込んで寄り付き、25日移動平均線(19日時点22624円)も割り込んだことで、米中貿易摩擦懸念が高まり、一段安となって▼401円の22278円の安値引けとなりました。

 20日(水)は、前日のアメリカ市場で中国に対し、トランプ政権からのさらなる追加関税を発表し、それに対して中国も報復関税を表明したことで、NYダウは一時400ドルをこえる下落となり、終値は▼287ドルの24700ドルとなったことを受け、日経平均は前場▼111円の22167円まで下げるものの持ち直し、△276円の22555円と反発しました。

 21日(木)は、米中貿易摩擦も一服したことで、アメリカ市場も落ち着いており、ソフトバンク、ファーストリテイリング、TDKなどの指数に連動する値ガサ株が買われ△127円の22693円となりました。

 指数だけ上昇した相場で全体は弱い相場でした。その結果、NT倍率(日経平均をトピックスで割った倍率)は12.96倍と2000年以降の最高を示しました。

 週末の22日(金)は、前日のアメリカ市場が3指標そろって下落となったことを受け、日経平均は▼236円の22456円で寄り付き、一時▼278円の22414円まで下げましたが、その後は下げ渋り戻りは弱いものの大引けにかけて22500円近辺でもみあい▼176円の22516円と22500円台のせで引けました。

 22日(金)のアメリカ市場は、米中の通商会議再開のニュースを好感し、OPEC会議で原油増産の合意となったものの予想よりも少ない増産だったことで、原油価格が大幅高となり、NYダウは△119ドルの24580ドルとなりました。シカゴの日経先物は△40円の22500円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 引き続き、米中貿易問題に注意。新たに米欧貿易問題も