今週は注目材料多く、22500~23000円の中でのもみあい

先週は、アメリカ株高、円安、外国人買いも入り、25日移動平均線を突破

 先週の予測では、前週末にイタリア政局も一服し、アメリカの5月雇用統計は予想を上回ったことで、アメリカ株式は大幅上昇したことで、先物主導で戻りを試す展開が想定されるとしました。但し、その場合、25日移動平均線(22500円水準)が目先の上値ポイントであり、基本は22000~22500円のレンジ内の戻りとしました。

 結果的には、アメリカ株式の上昇が止まらずナスダックは3日連続の史上最高値更新、NYダウも25000ドル回復、さらに日米金利差からの円安進行となったことで、日経平均は25日移動平均線を突破し、8日(金)にはザラ場で22879円まで上昇しました。

 6月4日(月)は、前週末の予想を上回る5月雇用統計を受けて、アメリカ株高、円安となったことを好感し、△193円の22365円で寄り付き、一時△344円の22515円まで上昇し、△304円の22475円で引けました。

 5日(火)は、前日のナスダックの史上最高値更新を受けてハイテク株が買われ、△63円の22539円と2週間ぶりの高値水準となりました。

 6日(水)は、手がかり材料に乏しく売り先行で始まり▼40円の22498円まで下げましたが、売り一巡後はプラスに転じて△86円の22625円と3日続伸し、目先の上値ポイントとしていた25日移動平均線を上回って引けました。

 7日(木)は、前日のアメリカ市場では、米中貿易摩擦懸念が後退したことで、中国関連株が大幅上昇し、長期金利の上昇を受けて金融株も上昇となってNYダウは△346ドルの25146ドルと25000ドル台を回復、これを好感して日経平均は△230円の22856円まで上昇し、△197円の22823円と22800円台を回復しました。

 週末の8日(金)は、前日の高値をぬいて△55円の22879円をつける場面がありましたが、8~9日のG7や翌週は米朝首脳会談など重要イベントを控え持ち高調整の動きとなって▼128円の22694円の安値引けとなりました。

 8日(金)のアメリカ市場は、G7が開催されるなか、通商問題でアメリカの孤立が懸念されたが、投資家の関心は翌週からのFOMCなどの金融政策に移っており、3指標そろって上昇して終了しました。NYダウは△75ドルの25316ドルと3日続伸。シカゴの日経先物は為替が109円台後半の円高へふれているため△10円の22630円で引けました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は注目材料多く、22500~23000円の中でのもみあい