相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

<6815> ユニデンホールディングス

 四季報によると、北米でドライブレコーダー、CB無線機器が好調。国内は車載モニター牽引。不動産大幅増。営業外の為替益減。19年3月期は電話機なお縮小。が、北米堅実。豪州で監視カメラ増加。国内は新規OEM増、後半主体に不動産が着実。営業益堅調。海上無線機を受注したインドで新規開拓に注力。国内は車載モニターなどOEM案件増。都内不動産物件を適時売買。電気機器:電話関連機器、無線通信・応用機器、デジタル家電機器。

 5月14日発表時点。2019年3月期本決算予想は、2018年3月期比で営業利益+102.7%の40.40億円、経常利益+103.6%の40.10億円の増収・増益の見通し。3期連続の増収・増益の見通し。

 2012年11月13日の160円を安値に、アベノミクス相場にサポートされて上昇トレンド(A)を形成し、この中で2013年12月11日の453円の高値をつけて、ここがピークとなり下降トレンド(B)へ転換しました。この下降トレンド(B)の中で上昇トレンド(A)を下に切って2016年2月12日に99円で底打ちとなりました。ここからの反発でもみあったあと6月24日の113円を2番底にして、上昇トレンド(C)へ移行しました。この上昇トレンド(C)の中で2017年10月31日に371円まで上昇するも、上昇トレンド(A)にアタマを抑えられ、今年の3月26日の251円まで下落のあと、5月14日の好決算を受けて、5月18日に375円まで上昇して押し目を形成しているところです。現在は上昇トレンド(A)にアタマを抑えられていますが、ここを抜けると400円台を試すことになります。
 

 

<3861> 王子ホールディングス

 四季報によると、国内の新聞、印刷用紙後退。原料高の板紙は下期回復。海外のパルプ市況急上昇や感熱紙好調で営業増益。特益減。19年3月期は国内の板紙で前期中盤の値上げが通期寄与。海外のパルプ、感熱紙増勢も続く。東南アの段ボール加え利益拡大。三菱製紙に33%出資して持分会社へ。ベトナムに5カ所目の段ボール工場新設、マレーシアの段ボール2工場増設。

 5月11日発表時点。2019年3月期本決算予想は、2018年3月期比で営業利益+41.3%の1000億円、経常利益+36.5%の900億円と2期連続の増収・増益の見通し。紙・パルプ:生活産業資材、機能材、資源環境ビジネス。

 2012年10月15日の212円を安値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされ上昇トレンド(A)を形成していました。この中で2015年10月26日の630円の高値をつけて、ここをピークにいったん調整入りとなりました。2016年1月21日の421円まで下落し、自律反発したあとは、ゆるやかな下降トレンド(B)へ移行しました。この下降トレンド(B)の中で6月24日の378円で底打ちとなり、10月4日の393円で2番底となって上昇トレンド(C)へ転換しました。この上昇トレンド(C)の中で、今年の1月11日の796円の高値をつけ、3月23日の647円まで押し目を入れて反発し、5月9日の780円で2番天井となって5月14日に738円で短期の売り転換となっています。5月11日の決算発表が終わって材料出尽くしの可能性があり、大きな押し目形成となれば買いチャンスといえます。当面は650~800円のボックス圏内の動きも想定されますが、どこで下げ止まるかが押し目買いのポイントとなります。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!