寿命延伸、資産延伸、そして企業延伸に向けて

・4月に、フィデリティの野尻哲史氏(フィデリティ退職・投資教育研究所長)の話を聴いた。テーマは、「人生100年時代を生きるお金との向きあい方」であった。人生の長寿化に備えて、資産の長寿化も考えてみたい。

・100年も生きられるか。たぶん無理だろう。でも、私の場合、母は95歳、叔父も92歳まで生きた。身近にそういう人がいるのも事実である。これまで、90歳まで生きるという気持ちで生活してきた。

・それまでお金はもつか。国の年金が実質的に減額の方向に向かうのは明らかである。年金財政が今のままでは苦しくなるからである。貯蓄は十分か。貯めてきたつもりであるが、おろして使うとなったら30年はもたない。

・40年働いて、あとの30年を蓄えで暮らそうといのは、土台無理な話である。90歳まで生きるなら、80歳まで働く必要がある。75歳以上の後期高齢者になると、病気になる人も増えてくるから、元気なうちは働くというのが妥当であろう。

・では、そんな高齢者に仕事はあるのか。元気であれば、仕事はありそうである。しかし、どこで働くにしても、1)誠実に、2)親切に、3)丁寧に、4)できるだけテキパキ、と活動する姿勢が問われる。一方で、ダイバーシティ(多様性)を認めないようなところでは働きたくない。

・お金はいくか必要か。これは毎月いくらで暮らすかという覚悟に依存する。いい暮らしをしていた人は、その水準をなかなか落とせない。しかし、前の生活年収との比率である目標代替率を定める必要がある。70%か50%か30%か。年をとると通常の生活費は減っても、医療費が増えてくるので、ここをよく考えておく必要があると野尻氏はいう。

・生活費として年間500万円を望めば、今後30年として、合計1.5億円が必要である。これは大変である。年金が200万円×30年あるとすると、0.6億円はカバーされるが、残りの0.9億円は自分で何とかする必要がある。

・これが80歳まで働けば、あと10年であるから、300万円×10年=3000万円となる。これなら、なんとかなりそうである。とすると、80歳まで働くことが大事である。まずは健康を維持すること、そして継続的にできる仕事を見出すことである。

・野尻氏は、老後は「使いながら運用する時代」であると提言する。若者は、年収の12%を資産運用にまわして、資産形成に力を入れるべし、と強調する。年3%で回る投信はいろいろあり、非課税型の口座(積立NISAなど)を使うともっと効率がよい。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 寿命延伸、資産延伸、そして企業延伸に向けて