相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

<6444> サンデンホールディングス

 四季報によると、コンプレッサー堅調。構造改革効果。が、流通システム想定以下。増益幅縮小。改革関連特損ない。19年3月期はコンプレッサーが欧州、中国で増勢。流通システムも回復基調。営業増益続く。復配か。EV化追い風に電動コンプレッサーは20年に3倍増の150万台超狙う。日中軸に投資拡大。流通は韓国、タイ、台湾にメンテナンス体制構築し海外開拓強化。

 5月9日発表時点。2019年3月期本決算予想は、2018年3月期比で営業利益+28.0%の70億円、経常利益+58.7%の70億円の増収・増益の見通し。機械:自動車機器、流通システム。

 2014年11月26日の3615円(併合前723円)をピークに下降トレンド(A)を形成し、この中で2016年2月12日の1250円(併合前250円)で底打ちとなりました。ここから5月12日の1965円(併合前393円)まで反発するも下降トレンド(A)にアタマを抑えられ、7月8日の1300円(併合前260円)まで下落し、もみあって12月12日の2010円を高値とする三角保ち合い(B)となりました。この三角保ち合いの中で、2017年6月16日の1440円(併合前288円)の安値から上放れとなり、11月8日の2580円、今年の1月25日の2489円と2点天井となって下落しました。3月26日の1397円まで下げてもみあい、4月11日の1536円で買転換となり、5月9日の決算発表を受けて5月23日の1823円まで上昇し反落となっています。
 

 

<7966> リンテック

 四季報によると、洋紙の原材料高が想定以上だが、半導体関連粘着テープ・装置の上振れでお釣り。連続増配余地。19年3月期も粘着テープの好調続く。米国、インドネシアの赤字解消が大きい。8期ぶりに最高純益。業績の半導体需要依存が強まる。印刷材は買収した米国社との製品融通、洋紙は耐油紙など高付加価値品の拡販に注力。ROE9%目標は分母対策も必要か。

 5月9日発表時点。2019年3月期本決算予想は、2018年3月期比で営業利益+14.5%の230億円、経常利益+19.6%の220億円の増収・増益の見通し。その他製品:印刷機、産業工材関連、電子光学関連、洋紙・加工関連。

 2015年4月23日の3090円を高値とする下降トレンド(A)の中で、2016年2月12日の1908円、4月6日の1850円、6月24日の1860円、8月26日の1858円と4点底の形となって反発し、2017年1月4日の2629円まで上昇。ここで下降トレンド(A)にアタマを抑えられて、4月17日の2273円まで押し目を入れた後、2016円8月26日の1858円と結ぶ上昇トレンド(B)となりました。この中で2017年11月9日に3325円の高値をつけたあと、上値は3300円水準、下値は2900円水準の中でのボックス相場の動きとなりましたが、3月26日の2900円を安値に5月11日の3365円で高値更新となったあと押し目に入っています。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!