今週は、米朝首脳会談再開期待で、25日移動平均線を上回れば戻りを試す動きへ

週始め23000円台回復するも米朝首脳会談延期発言で円高進行、株安へ

 先週の予測では、地政学的リスクや米中貿易交渉など強弱の材料を織り込みながら、23000円水準でのもみあいを想定しました。但し、日経平均は3月26日の20347円の安値から先週の5月18日(金)の22954円の高値まで約2600円の上昇幅で、かつ8週連続の陽線となっているため、過熱感があり何かきっかけあれば一服する可能性はあるとしました。

 結果的に、週始めこそ一時23000円台を3ヶ月ぶりに回復しましたが、その後は利益確定売り優勢となり、さらに米朝首脳会談の延期発言をしたことをきっかけにアメリカ株式の下落、地政学的リスクや米長期金利に低下から円高が進行し、日経平均は3日間で560円の下げとなりました。

 21日(月)は、▼7円の22937円で寄り付いたあと、為替の111円水準での円安と時間外でのアメリカ株式先物の上昇を受け、一時△120円の23050円まで上昇。その後、利益確定売りに押されるものの終値は△72円の23002円と3ヶ月ぶりに23000円台を回復しました。

 22日(火)は、前日のアメリカ株式が米中貿易戦争懸念の後退から3指標そろって上昇となったものの、すでに前日に23000円のフシ目に到達していることで目標達成感から利益確定売り優勢となり、▼42円の22960円と4日ぶりの反落となりました。

 23日(水)は、前日のアメリカ市場でトランプ大統領が中国との貿易交渉に満足していないと述べ、さらに米朝首脳会談の延期の可能性にも言及したことで、楽観ムードが後退し、NYダウは▼178ドルの24834ドルと大幅下落となったこことで日経平均は円高も加わり▼270円の22689円と大幅続落でした。

 24日(木)は、為替が一気に109円台前半までの円高進行となり、25日移動平均線(23日時点で22480円)を割り込んだことをきっかけに下げが加速し、一時▼323円の22366円まで下げて、終値は多少戻して▼252円の22437円で引けました。

 この日の引け後のアメリカ市場では、トランプ大統領が米朝首脳会談中止発言を行ったことを嫌気し、一時▼280ドルの24605ドルまで下落するものの、終値では▼75ドルの24811ドルと下げは限定的でした。

 週末の25日(金)の日本市場は▼56円の22380円と売り優勢で始まり、▼118円の22318円まで下落するものの、時間外でのアメリカ株式先物が堅調だったことで切り返し△72円の22509円まで上昇しました、しかし、上値は重く、終値は△13円の22450円と小反発で引けました。

 25日(金)のアメリカ市場は、3連休を控え薄商いの中、原油価格が大幅安(OPEC会合で産油制限緩和観測から)となってエネルギー株が下落し、長期金利の低下で金融株も下落したことで、NYダウは▼58ドルの24753ドルでした。シカゴの日経先物は為替が109円台半ば水準の円高のため▼95円の22345円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、米朝首脳会談再開期待で、25日移動平均線を上回れば戻りを試す動きへ