今週は、強弱の材料を織り込みながら23000円水準でのもみあい

先週は、NYダウは一服するも、為替の円安を好感し、23000円台へ接近して引ける

 先週の予測では、中東情勢に注意しつつも、23000円への戻りを試す動きを想定しました。6月12日の米朝首脳会談の決定によるアジアの地政学的リスクの後退の一方で、アメリカのイラン核合意からの離脱と対イラン制裁という中東の地政学的リスクの高まりという強弱入り交じっているものの、為替はアメリカの長期利回りの上昇から円安方向にあり、日経平均は23000円のフシを試す可能性があるとしました。

 結果的に、NYダウの上昇が14日(月)の24899ドルと途切れ(NYダウのチャート分析では25000ドルをアタマに一服としています)、その後は長期金利の上昇で企業収益低下への影響が懸念されて株価は下落し、米中貿易摩擦懸念の再燃もあってもみあいに入りました。これを受けて為替は1ドル=111円にタッチする動きとなるものの、NYダウが上値が重たいことで日経平均も23000円に接近するものの突破できないで終わり、週末の18日(金)は、22954円まで上昇して22930円で引けました。

 14日(月)は、▼53円の22705円と利益確定売りで始まるものの先週末のNYダウが7日続伸と好調であり、時間外でのアメリカ株式の先高感を受けて反発し、△107円の22865円と3日続伸しました。トピックスは1800ポイント回復となりました。

 15日(火)は前日のNYダウの8日続伸を受けて買い先行で始まるものの、直近の連騰で利益確定売り優勢となって下げに転じ、▼47円の22818円と4日ぶりに反落しました。

 16日(水)には、前日のアメリカ株式が好決算や強い経済指標を受けて10年債利回りが再び大きく上昇し、6年10ヶ月ぶりの高水準になり、為替も110円台のせとなったことで今後の企業収益の低下懸念から3指標そろってマイナス(NYダウ9日ぶり反落)となったことで、日経平均は続落となりました。寄り前の国内1-3月期GDPの発表で、市場予想を下回ったことを嫌気され▼100円の22717円の続落でした。

 17日(木)は、前日のアメリカ株式が3指標そろって反発したことで、日経平均も△103円の22820円で寄り付き、後場は△169円の22887円まで上昇しました。その後は上値重く△121円の22838円で引け、3日ぶりの反発となりました。

 アメリカでは10年物国債の金利が3%を超える状況が続く中、中東情勢の不透明感と、それに連動する形での原油高が警戒されており、それを織り込む動きとなっています。

 週末の18日(金)は、前日のアメリカ市場では、中国との通商交渉が不調に終わる可能性があり、5月のフィラデルフィア連銀製造業指数が強い結果だったことで、10年債利回りが6年10ヶ月ぶりの3.12%となり、これを嫌気して3指標小幅続落となったものの、為替が1ドル=110円台後半の円安となったことを受け△68円の22907円で寄り付き、一時△115円の22954円と23000円へ接近する動きとなりました。23000円を前にもみあい終値は△91円の22930円と続伸して引けました。

 急激な円安を受けて23000円に接近する動きとなったものの売買代金、出来高は増加せず、日経平均の指数に影響を与える輸出関連株の上昇が指数をサポートしただけ、北朝鮮が米韓軍事演習を理由に韓国との閣僚会議を一方的に中止したことで米朝首脳会談が不透明になってきました。状況によっては再び北朝鮮の地政学的リスクが高まってきます。

 5月18日(金)のアメリカ市場は米朝首脳会談や米中通商協議の不透明感が重しとなる中、銘柄の利益確定売り優勢となり、25000ドルを前に一服となっています、ただし、経済指標が強いことや好決算を受けて長期金利は6年10ヶ月ぶりの高水準(3.12%)となっており、為替は一時111.08円までドルが買われました。その後は地政学的リスクもあり、110.76円で引けました。シカゴの日経先物は▼90円の22840円となっていました。

強弱の材料を織り込みながら23000円水準でのもみあいを想定

 今週の予測は、中東の地政学的リスクは深まっており、米中貿易交渉も中国が歩み寄る方向にあるものの具体的なものは明確でないため不透明感が残り、上値は重いものと思われます。一方で為替は円安基調にあり、先週は一時111円を突破しており、この水準が続くようだと、輸出関連株の上方修正期待がでてきます。強弱入り交じって織り込む動きとなりそうですので、フシ目の23000円をぬけても、ここをはさんだもみあいが想定されます。

 3月26日の20347円の安値から、先週の5月18日(金)の22954円までの高値まで約2600円の上昇で、かつ、8週連続の陽線となっており、何かキッカケあれば一服となる可能性があります。

 本日は、為替の円安基調を背景に△7円の22937円で寄り付き、一時△120円の23050円まで上昇するも上値重く、利益確定売りに抑えられ大引けは△72円の23002円となりましたが、3ヶ月半ぶりの23000円回復でした。

出島式ズバ株投資情報ブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、強弱の材料を織り込みながら23000円水準でのもみあい