中東情勢に注意しつつ、23000円への戻りを試す動きへ

(指標)日経平均

 先週の予測では、チャート上は2月27日の戻り高値22502円や一目均衡表の雲の上限22533円、柴田罫線の22553円が意識されるところであるが、週末が国内企業決算のピークを迎え、手控えムードもあり、目先は22500円台を戻していくのは難しく、22100~22500円のレンジ内の動きを想定しました。

 結果的には、5月10日(木)までは、22350円を安値とし、22566円を高値に22500円をはさんだもみあいとなりましたが、NYダウが7日続伸の上昇となって買い圧力が高まったことで週末はSQ清算値をめぐる買い方有利の展開もあって△261円の22758円と一気に上放れとなりました。

 今週は、相場を取り巻く環境としては強弱入り交じった形となります。6月12日にシンガポールでの米朝首脳会談が決定したことでアジアの地政学的リスクは後退。しかし、アメリカのイラン核合意離脱と対イラン制裁の表明で中東での地政学的リスクは高まります。チャートの形は、25日移動平均線が75日移動平均線を上にぬけたものの、75日移動平均線は下向きとなっていますので、不確実なゴールデンクロスです。海外投資家は4月第4週の売り越から5月第1週は買い越となっています。一方で米中貿易交渉が不透明なところもあります。何も起こらなければ、もみ合いながら戻りを試すことになりそうです。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 中東情勢に注意しつつ、23000円への戻りを試す動きへ