相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

<4188> 三菱ケミカルホールディングス

 四季報によると、ヘルスケアは研究開発費負担。ただ、ケミカルズは市況高が想定超。産業ガスも好調で利益やや上振れ。19年3月期はアクリル樹脂原料続伸。炭素製品も需要増。医薬品は米国向け新薬フル寄与。最高益。3月サウジアラビアプラントが営業運転開始。千葉・五井工場にポリプロピレン製造設備新設、19年5月稼働。東大や産総研と共同で自動車用NOx浄化触媒開発。

 2月6日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+34.4%の3610億円、経常利益+35.1%の3490億円の増収・増益の見通し。

 昨年の8月1日時点の営業利益予想が+8.0%の2900億円だったものが10月26日時点で+28.4%に上方修正。さらに今年の2月6日時点で+34.4%の3610億円と上方修正が続いています。経常利益も同じように上方修正となっています。

 2012年10月11日の275円を安値とし、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされた上昇トレンド(A)の中にあります。この中で2015年7月24日の847円でいったんピークをつけ、11月26日の837円と2点天井をつけて下げに転じ、2016年6月28日の437円で底打ちとなりました。ここを安値に上昇トレンド(B)へ転換し、さらに11月9日の629円を安値にやや角度の大きい上昇トレンド(C)へ移行しました。この上昇トレンド(C)の中で、業績の上方修正を織り込みながら上昇し、今年の1月9日の1320円の高値で、日経平均の大幅下落につれ安して下げました。3月26日の959円で下げ止まって4月10日には1021円で短期の買転換となっています。近々の決算発表で好調ならばそのまま戻りを試すことになりそうです。
 

 

<6905> コーセル

 四季報によると、主力のユニット電源、オンボード電源とも内外需要好調、新製品の積極投入、新規顧客開拓で受注伸長。半導体製造装置、工作機械、医療用が拡大。下期金型投資増、開発費拡大だがこなし営業益好伸。増配。19年5月期も需要好調。増配継続か。本社敷地内に開発棟新築、完成7月ごろに。本社、立山の開発棟を集約、新製品投入強化。来期も設備投資高水準。電気:ユニット電線、オンボード電線。

 3月9日発表時点。2018年5月期本決算予想は、2017年5月期比で営業利益+23.8%の43.20億円、経常利益は+21.8%の44.70億円の増収・増益の見通し。昨年の12月13日時点で9月8日時点比で営業利益予想は30.60億円→43.20億円、経常利益は31.40億円→44.70億円に上方修正し、今年の3月9日発表時点も変わらず。

 2012年6月6日の852円を底値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて上昇トレンドを形成し、2015年6月16日の1648円まで上昇しました。ここをピークにして短期の下降トレンド(A)入りとなり、2016年1月21日の905円を2番底(2012年6月6日の852円に対する)にして上昇トレンド(B)に転換しました。この上昇トレンド(B)の中で、2017年8月14日の1305円の安値からの上昇で、上昇トレンド(B)をいったん上放れして今年の1月15日に1999円のピークをつけ、ここから急落となって今度は上昇トレンド(B)をいったん下放れして3月12日の1354円の安値をつけ、反発後もみあって4月27日に1474円で買転換となっています。
 

 

1 2 3

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!