相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

<6590> 芝浦メカトロニクス

 四季報によると、FPDや半導体の製造装置が中国向け中心に拡大。営業益を独自再増額。配当性向25%目安。19年3月期は受注残豊富なうえFPD用は高水準維持。半導体向けまだ伸びる。研究開発費増などこなす。東芝による直接保有10%まで下がるが関係は当面不変。ニューフレア(同5%)とは同社の中国サービス事業支援。信越エンジ(同5%)との協業は今後協議。

 3月26日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+60.1%の24億円、経常利益+101.4%の22.80億円の増収・増益の見通し。2月7日時点の2017年比で予想の営業利益22億円、経常利益20億円から上方修正。

 2012年10月15日の112円の安値から、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて上昇トレンド(A)を形成。この中で2014年11月28日の384円まで上昇し、ここをピークにいったん調整入り。2016年2月12日の170円まで下落して三角保ち合い(B)を形成し、三角保ち合い(B)を上放れして2017年3月13日の317円の戻り高値から4月14日の240円まで押し目を入れて上昇トレンド(C)へ移行しました。この上昇トレンド(C)の中で11月28日にピークをつけ、今年の2月6日の388円まで押し目を入れて2月27日の516円まで反発し、2番天井にして4月23日の430円まで下げもみあっているところです。
 

 

<5121> 藤倉ゴム工業

 四季報によると、液晶・半導体関連向け制御機器が好調。好採算のゴルフ用カーボンシャフトも想定超の伸長。増配。19年3月期はカーボンシャフトの増販続く。ただ、制御機器は有機EL向け一服で横ばいが精いっぱい。印刷部材も低調続く。小幅増益。医療機器の原町工場が18年度中にISO認証取得メド。人工透析関連に加え輸液バッグや逆止弁などの開発急ぐ。

 2月13日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益は+26.7%の22億円、経常利益は+27.6%の23億円の増収・増益の見通し。11月9日時点で8月10日時点で営業利益18億円→22億円、経常利益16億円→23億円に上方修正。2月13日時点で変わらず。

 2012年11月8日の247円を安値に、アベノミクス相場にサポートされ、じわじわと上がっていましたが、2013年の12月18日の433円を安値に急騰となって2014年1月9日には1750円と3週間ほどで4倍化しました。しかし、ここをピークに中期的な調整入りとなりました。2月4日の842円まで大幅下落後、2月13日の1380円まで自律反発するものの、ここを戻り高値に下降トレンド(A)入りとなりました。この下降トレンド(A)の中で、2016年6月24日の370円で底打ちとなって上昇トレンド(B)へ転換し、2017年11月24日の1070円で戻り高値をつけ、短期の下降トレンド(C)となっています。この下降トレンド(C)の中で今年の3月26日に697円の安値をつけて小さな三角保ち合いをつくり、4月19日に766円で上放れとなって買転換がでています。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!