今週は、国内決算ピークと米中貿易摩擦、再燃の可能性で上値の重い展開

先週は、連休の谷間の2日間、22500円をはさんでもみあい

 先週は、ゴールデンウィークの谷間で、2日間の営業のため短期売買中心で、方向感のないもみあいとなりました。北朝鮮の地政学的リスクが後退し、アメリカの長期金利上昇で日米金利差から円安基調にあり、戻りを試すところですが、連休中には何が起こるか分からないため、中長期投資は様子見となり、短期売買をする投資家中心なので上にも下にも限定的で22500円台が目先のフシとなるとしました。

 連休の谷間の1日目である5月1日(火)は、利益確定売り先行となって▼14円の22453円で寄り付き、一時▼56円の22411円まで下げるものの、朝方売ったヘッジファンドが下がらないので買い戻しに動きプラスに浮上。後場には先物に支えられ強含みで△51円の22519円まで上昇し、終値は△40円の22508円と22500円台を回復しました。2月5日以来、約3ヶ月ぶりの高値水準となりました。

 2日目の5月2日(水)は、朝方は為替が1ドル=109円台後半の円安となっていたことで買い先行で△60円の22568円と高寄りしましたが、ここをピークに先物売りで下げに転じ、大きな連休の谷間であることで持ち高調整の売りに押され、一時▼81円の22426円まで下げましたが、大引けにかけて下げ渋り▼35円の22472円と4日ぶりの小反落となりました。

 日本がゴールデンウィーク中のアメリカ株式の動きをみると、長期金利の上昇を懸念して企業の好決算を打ち消すような下落を繰り返し、大きな上下動となっており、3日(木)のNYダウは一時▼393ドルの23531ドルまで下落しました。週末の4日(金)は、注目の雇用統計は強弱入り交じっていましたが、失業率が3.9%へ低下しました。この日、貿易摩擦をめぐる米国と中国の初の公式交渉がありましたが、米国は対中赤字の削減要求をこれまでの1千億ドル(約11兆円)から2千億ドルに上積みしました。ハイテク分野も双方の主張の溝は深いため、交渉は長期化の様相を呈してきました。これを嫌気して一時NYダウは▼151ドルまで下げましたが、アップル株をヘッジファンドが買い増しているということが明らかになるとアップルが4%上昇して相場をけん引し、NYダウは△332ドルの24262ドルと大幅高となりました。シカゴの日経先物は±0円の22470円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 今週は、国内決算ピークと米中貿易摩擦、再燃の可能性で上値の重い展開