本格、決算シーズンに入り、GW前でもあり個別物色へ

先週は、シリア攻撃限定、北朝鮮リスク後退、日米首脳会談通過で22000円台回復

 先週の予測では、注目は17~18日の日米首脳会談で、大きなマイナス要因になることが起こらなければアク抜けとなって22000円を突破し、2月7日の22353円を試す動きになるとしました。

 結果的には、週始めからアメリカ株式の堅調な動きと同時に、日米首脳会談は無事に終わるだろうという見通しのもとに買いが先行し、前週末の13日(金)に続いて19日(木)まで今年初めての5日続伸となりました。19日(木)には、想定していた2月7日の22353円を少し上回る22360円の高値をつけましたが、戻り売りから上げ幅を縮小し、週末の20日(金)は▼28円の22162円と6日ぶりの反落となりました。

 16日(月)は、14日(土)に実行された米英仏によりシリア攻撃は、3ヶ所に限定された攻撃であったことで影響は限定的となり、地政学的リスクは後退し、日経平均は△64円の21843円で寄り付いて△100円の21879円まで上昇し、その後は今年最低の104円という日中幅の動きとなって△56円の21835円で引けました。

 17日(火)は、前日のアメリカ市場で株高だったものの日米首脳会談を前に様子見となって△12円の21847円と小幅に3日続伸となりました。

 18日(水)は、前日のNYダウが2日連続で200ドル以上も上昇したことや、日米首脳会談で通商問題で厳しい要求はないだろうとの見方からイベント通過を織り込みながら先物主導で上昇し、1ヶ月ぶりに22000円台を回復し、△310円の22158円をつけました。

 19日(木)は、注目の日米首脳会談は通商問題は想定された範囲内の結果であったとして、前場は買い戻しの動きが強まり、一時△202円の22360円をつけましたが、その後、戻り売りに押され上げ幅を縮小し、大引けでは△32円の22191円で引けました。

 週末の20日(金)は、前日のアメリカ市場では、アップルの大幅下落が重しとなり3指標そろって下落となったこともあり、売り先行で始まって一時▼144円の22076円まで下げましたが、前引けは買い戻されて△30円の22222円と小幅にプラスになりました。しかし、アメリカで半導体関連株が売られた流れから、日本でも半導体関連株が弱く、大引けは▼28円の22162円と6日ぶりの反落となりました。

 20日(金)のアメリカ市場は、前日に続いてアップルが売られIT関連株が続落、さらに消費関連株も軒並み安となり、NYダウは一時▼289ドルの24375ドルまで下げ、終値では▼201ドルの24462ドルとなりました。米10年債利回りが2014年1月以来の水準に上昇しており、金利の大幅上昇が企業利益を圧迫する要因として3指標ともに売られている状況です、為替は結果的に円安にふれていることでシカゴ日経先物の下げは▼85円の22075円となっています。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 本格、決算シーズンに入り、GW前でもあり個別物色へ