相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

<3110> 日東紡績

 四季報によると、柱のガラス繊維が牽引。土地売却特益膨らむ。19年3月期もライフサイエンス着実稼ぐ。ガラス繊維はスマホ筐体用中心に複合材が引き続き繁忙。能力増強寄与して数量拡大。ただ積極設備投資で償却増。原燃料費負担も増え、営業増益幅は小。成長戦略として、17~20年度で550億円の設備投資を計画。柱のガラス繊維は国内外で先端品の生産能力増強。

 2月6日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益は+3.2%の115億円、経常利益+1.8%の116億円の増収・増益の見通し。

 2012年6月4日の1065円(併合前213円)を安値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて上昇トレンド(A)を形成しました。この中で2015年8月6日の3435円(併合前687円)で、いったんピークをつけ急反落となって、12月25日の1555円(併合前311円)の安値をつけ、1520~1940円のボックス相場(B)となりました。このボックス相場を上放れして2017年11月3日の3895円の高値をつけて、11月15日の3040円まで押し目を入れてもみあい、今年の1月10日に3465円まで戻した後、再下落となり3月26日の2150円、4月9日の2151円とダブル底をつけて本日、買転換となっています。
 

 

<1911> 住友林業

 四季報によると、米国好調、豪州堅調。ただ、主力の国内注文住宅が冴えない。営業減益。19年3月期は注文住宅微減に加え賃貸が沈み、国内厳しい。単価も低下ぎみ。米豪戸建ての牽引で営業益横ばいに。連続増配か。木造超高層ビル建築に向け、保有技術の棚卸しと開発ロードマップを作成。リノベの知見生かし民泊に参入、国内戸建て補う住関連派生事業育成の一環。

 1月30日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益-8.3%の495億円、経常利益-7.5%の535億円の減収・減益の見通し。

 2012年11月13日の660円を安値に、アベノミクス相場にサポートされて、2013年5月10日の1391円まで短期の上昇トレンド(A)となり、ここでいったん上昇トレンド(A)を切って8月30日の930円まで押し目を入れました。ここからゆるやかに下値を切り上げる上昇トレンド(B)となりましたが、2016年4月6日の1190円を安値に上昇角度を大きくする上昇トレンド(C)へ移行しました。この上昇トレンド(C)の中で2017年12月27日の2036円で最高値をつけて反落し、今年の3月26日の1640円まで下げ上昇トレンド(C)に当たってもみあい、4月16日に1730円で買転換となっています。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!