今週は、チャートは上向いているが、日米首脳会談に注目

(指標)日経平均

 先週の予測では、米中貿易摩擦への警戒感の中で為替の動向に影響を受ける相場展開になるとしました。テクニカル面や需給面からは戻りを試す形になっているが、外部環境は不透明なため上値は重く22000円を意識した動きで終わるとしました。

 結果的には、米中貿易摩擦の激化懸念が後退し、トランプ大統領がTPPへの参加の可能性を示したことで買い安心感から10日と13日に21900円台をつけましたが、22000円台回復はできず、シリア情勢への警戒感もあって週の終値は△118円の21778円でした。前回の一言メッセージで想定した21500~22000円のレンジ内の動きとなりました。13日の引け後のアメリカは英仏とともにシリアへの空爆を実行しました。

 今週は、17~18日の日米首脳会談が注目となります。先週末の米英仏3ヶ国によるシリア攻撃は限定された(3ヶ所)攻撃だったことで相場にはあまり影響を与えていません。ただし、トランプ大統領は再攻撃も辞さないといっており注意が必要です。ただし、チャートからみると2016年11月9日の16111円からの上昇トレンドを下に切ったあと再び回復しており、又、今年の1月23日の24129円の高値からの短期の下降トレンド(B)も上にぬけて、3月30日に21454円で柴田罫線で買転換となっています。22000円の心理的フシをぬけると2月7日の22353円を試すことになります。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、チャートは上向いているが、日米首脳会談に注目