小次郎講師の徹底解説【テクニカル分析の重要性】

1、大数の法則

□まずは基本的なことから。

■えー。僕もっと必殺技のようなものが聞きたいです。勝率100%の技、とか!

□ムサシくん、そんなものはない。投資において“絶対“はあり得ない。
だからどんなにチャンスでも、トレードが失敗で終わることは当然ある。

■でも小次郎講師、勝率100%のトレード手法と謳ってる本が世の中にはたくさんありますよ?

□そんなものはまやかしだ。いいかい。どんなにチャート分析を究めても将来のことは100%はわからない。チャートが教えてくれるのはあくまでも「現状分析」だからだ。

■そうなんですね。確かに明日のことも僕はよくわからないからなぁ。

□100%勝てる方法があるなら誰しもが勝っていなくてはおかしい。でも実際はそうじゃないだろう?

■た、確かに。

□だから、投資をギャンブルではなく「確率のビジネス」にすることが大事。100%や90%がないのはもちろんのこと、80%や70%だってなかなかない数字だ。せいぜい60%当たれば良い方だろう。

■そんなに低くて大丈夫なんですか?

□だから言っただろう「確率のビジネス」だって。
自分勝手な予想をして上がる下がるに賭けるのは単なる予想のゲーム。ギャンブルだ。けど投資は違う。しっかりと勉強をし、当たり外れの中で最終的にトータルでプラスになる方法が分かれば、「大数の法則」に裏付けされた確率論で正しく勝っていくことができる。

■よく仰る「予想はよそう」というやつですね。
で、小次郎講師、大数の法則って何でしたっけ?

□確率はデータが多くなればなるほど有効に働くという法則。これは数学的に正しいと証明されている。60%の確率で勝つ勝負を1回だけしか行わなかったら、負けることもあるかもしれない。しかし、それを100回やれば60回近く勝ち、40回近く負ける。これを1000回、10000回と、回数を増やせば増やすほど60%に限りなく近い確率で勝つことができるようになる。

■試行回数が多くなればなるほど、確率は正しく働くんですね。
だから、「大きな数」と書いて「大数(たいすう)」と読むのか。

□正解。よって投資においても大数の法則を使うことが勝利の方程式。
なんとなく上がるか下がるかの丁半博打ではなく、きちんと分析をして確率的に有利な方に賭けていれば、最終的には必ず勝つ事に繋がる。これが投資における唯一の必勝法なのだよ。

■なるほど、小次郎講師が言うと説得力があります。

□君よりちょっとだけ長く生きているからね。

■ちょっとじゃないような…

□何か言ったか?

■いえ!

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> コモディティ> 小次郎講師の徹底解説【テクニカル分析の重要性】