AIの活用をみる視点

・これまでの機械は、目の見えない機械であった。映像はみても、その理解度は初期設定されたプログラムの内容にとどまり、学習して自ら認識力を高めて、適応していくことは十分できなかった。実際、防犯カメラは映像を記録しても、それを見て判断しているのはヒトであった。

・機械の目が見えるようになると、新しいことがどんどんできるようになる。農業は人手に頼ってきたが、これはヒトの目が不可欠であって、代替がきかなかったからである。例えば、トマトの収穫ロボットは作れなかった。バラバラな枝から熟れたトマトだけ取るには、それを見る目が必要である。これができるようになる。建設現場もそうである。多様な作業はヒトの目に頼っていた。現場を見る目ができてくると、建設ロボットは多様に発展してこよう。

・食品の製造作業や外食サービスも人手に頼る部分が多い。調理を進めるにはヒトの目に頼って判断していた。これが、機械の目に置き換わるならば、調理ロボットが大きく発展してこよう。外食産業の自動化は大幅に進むことになり、腕が上がって味は美味しくなり、コストは下がってくる。人手不足にも対応できる。

・目を通した認識という能力がヒトから切り離される。かつて、人力や馬力が蒸気機関車に転換して、産業革命が起きた。目が機械化することによって、ロボットのカンブリア爆発が起きると松尾先生は予想する。5億年前に生物に目が生まれることによって、目を持つ動物の大繁殖が起きたことになぞらえている。

・目を通して、状況を認識できる家電製品や家電サービスが続々と出てこよう。家事労働の自動化が進む。人々は家事労働からかなり解放されるようになろう。医療における画像認識はすでに実用化されており、その診断への応用では医者の精度を超えてきている。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> AIの活用をみる視点