相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(2897)日清食品ホールディングス

 四季報によると、国内は即席麺の派生品投入効き増勢。冷凍食品伸長。退職給付費減で販促費増吸収。19年3月期は国内主力即席麺で販促効く。冷食堅調。海外は中国で営業体制再編効果が発現。償却増こなし増益。香港の食品卸子会社化で販路拡大や物流効率化継続、中国地域深耕に一段注力。創業者モデルのNHK朝の連ドラ10月開始に合わせ、即席麺の販促一層強化。

 2月6日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+18.8%の340億円、経常利益+12.6%の370億円の増収・増益の見通し。

 2012年10月11日の2949円を安値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて、2015年1月28日の6620円まで上昇し、7月9日の5110円まで下げたあと、おおよそ5000~6600円のボックス圏(A)の動きとなりました。このボックス圏の中で2016年5月2日に4950円の安値をつけて、ゆるやかな下値切り上げるライン(B)を形成し、2016年11月10日の5300円を安値に角度の大きい上昇トレンド(C)へ移行しました。この上昇トレンド(C)の中でボックス(A)を上放れし、今年の1月9日に8470円の高値をつけたあと、もみあって大幅下落となり3月23日には7040円まで下げて反発し、3月27日に7390円で短期の買転換となっています。
 

 

(9930)北沢産業

 四季報によると、中食需要増で食品スーパー向け焼き物・揚げ物厨房機器が伸長。工事遅延の裁判費用減。19年3月期はスーパー、外食向け底堅い。利幅薄いがホテル向け大型案件も増え利益堅調。株売却特益消える。厨房設備やホテル・飲食店関連展示会に積極出展、地方顧客の開拓に照準。家庭用も建築事務所と連携で需要取り込み促進。要員育成・スキルアップに全力。

 2月9日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+52.6%の4.7億円、経常利益は+42.9%の5.2億円の増収・増益の見通し。昨年の11月9日時点で、8月10日時点比より営業利益4.0億円→4.7億円、経常利益4.4億円→5.2億円へ上方修正。

 同社は、業務用厨房機器販売大手で全国に販売網を持っている。訪日外国人客の増加を背景にホテル向け需要も好調。今後、五輪に向けて宿泊施設関連の需要拡大が期待される。

 2012年の6月4日の148円、11月5日の143円を2点底に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされ、200円水準を上値にもみあったあと上放れとなって、2015年7月27日の347円まで上昇。ここをピークに急角度の下降トレンド(A)へ転換し、行って来いの形となって、2016年6月24日の138円まで下落しました。ここを安値に上昇トレンド(B)へ移行し、この中で今年の3月16日には428円の高値をつけました。428円をピークに3月19日に361円で売転換となり、下値模索となっています。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!