相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(1921)巴コーポレーション

 四季報によると、柱の鉄構建設は受注選別で採算改善。不動産賃貸も安定貢献。営業利益は向上。特配込み8円配。19年3月期は豊洲のビルなど賃貸が堅実。鉄構建設は受注残高水準。水泳会場など東京五輪関係で稼ぐ。選別受注効果で営業増益続く。増配期待。労務費上昇、資材高あり受注選別継続。ポスト五輪の20年3月期はオフィスビルなど東京再開発関連でしのぐ方針。

 2月13日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+8.9%の30億円、経常利益+15.0%の34億円の増収・増益の見通し。昨年11月13日時点で、5月17日時点、8月10日時点の営業利益20億円から30億円へ、経常利益23億円から34億円へ上方修正。

 2012年11月8日の217円を安値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされてゆるやかな上昇トレンド(A)を継続中。この中で2013年9月17日の650円まで上昇後、下降トレンド(B)へ転換。この下降トレンド(B)の中の下げきったところで、2016年2月12日に295円で底打ちとなり、ここを安値に安値圏での三角保ち合い(C)を形成しました。この三角保ち合いの煮詰まったところの11月9日の314円を安値に下降トレンド(B)を上放れし、2017年4月14日の327円の押し目を入れて急騰し、12月18日の731円をつけました。12月19日には647円で売転換となり、今年の2月6日の524円まで下げて、2月28日の630円まで反発し、もみあいとなっています。
 

 

(4005)住友化学

 四季報によると、石油化学は市況上昇が貢献。好採算の医薬品が抗精神薬中心に拡大し営業益反発。19年3月期は汎用樹脂続伸。リチウムイオン電池用セパレーターの出荷増加。海外グループ企業も好調で最高益更新。四国電力など4社と合弁で新会社設立し愛媛工場内にLNG基地を共同建設、火力発電所にガス供給。大日本住友製薬のゲノム科学研究所の機能を当社に移管。

 2月6日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+37.7%の1850億円、経常利益+29.0%の2150億円の増収・増益の見通し。

 昨年の11月1日時点で、8月1日時点より営業利益1150億円→1850億円、経常利益1850億円→2150億円と上方修正。2月6日発表は11月1日発表と変わらず。

 2012年の186円を底値に、11月13日の203円を2点底としてアベノミクス相場にサポートされて上昇トレンド(A)を形成しました。この中で2015年6月16日の798円を1番天井、12月2日の742円を2番天井として下降トレンド(B)へ転換しました。この下降トレンドの中で、いったん上昇トレンド(A)にサポートされてもみあうものの、ここを切って2016年7月8日の396円、8月4日の399円と2点底をつけました。ここから角度の大きい上昇トレンド(C)へ移行し、中期の上昇トレンド(A)を回復し、今年の1月9日に882円と2015年6月16の798円を上回る高値更新となりました。その後、日経平均の急落もあり大きく下げています。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!