相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(5289)ゼニス羽田ホールディングス

 四季報によると、コンクリ製品は東北復興需要上乗せ、耐震下水管が増勢。拠点統廃合も効く。19年3月期はコンクリ製品の東北復興が終息だが、中央分離帯向け続伸。防災製品も落石防護柵伸びる。営業益好調続く。北陸地盤のホクコン(17年3月期売上214億円、営業利益5億円)と基本合意、18年10月統合予定。当社は関東、東北強く、拠点統廃合費抑え業容拡大狙う。

 2月14日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+10.2%の23億円、経常利益+8.8%の25億円の増収・増益の見通し。昨年の11月9日時点の営業利益21億円→23億円、経常利益23億円→25億円へと上方修正。

※ハネックスと日本ゼニスパイプが経営統合して誕生。防災、雨水向けコンクリート2次製品が主力。電線地中化関連銘柄の位置づけ、東京五輪向け工事の本格化で業績拡大期待あり。

 2012年10月10日の68円を底値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて2014年9月3日の562円まで2年で約8倍化を達成。その後、本格調整となって下降トレンド(A)に転換し、2016年6月16日の148円で底打ちとなりました。現在は、ここからの上昇トレンド(B)へ移行しています。上昇トレンド(B)の中で、2017年10月3日の439円、今年の1月25日の465円、2月28日の487円と順上げの3山となって押し目を形成しています。2月6日の375円を終値で切ると三尊天井が確定しますが、そうでなければ業績からは再度、上値を試す可能性があります。
 

 

(6121)滝澤鉄工所

 四季報によると、国内は省力化機械と学校向け普通旋盤が堅調。アジアは自動車・スマホ向け伸び営業益上向く。19年3月期は自動車向け中心に国内・アジアとも受注好調継続、メキシコ自動車向けが本格化。償却費横ばい。下振れ要因見られず営業連続増益。従業員の職能別教育に注力、専門知識とスキル習得により営業拡大。第5工場本格稼働で好調の省力化機械増産。

 2月6日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+52.3%の25億円、経常利益+51.0%の22.5億円の増収・増益。昨年の10月31日時点で営業利益は7月31日時点で21億円→25億円、経常利益は19+億円→22.5億円に上方修正。

 2012年10月3日の920円(併合前92円)を安値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて上昇トレンド(A)を形成し、この中で2015年6月15日の2620円(併合前262円)でいったんピークをつけました。ここから下降トレンド(B)へ転換し、2016年2月12日の1070円(併合前107円)で底打ちとなって、三角保ち合い(C)をつくり、この煮詰まったところの7月8日の1170円(併合前117円)を安値に上放れとなって上昇トレンド(D)へ移行しました。この上昇トレンド(D)の中で今年の2月1日に2560円の高値をつけ、その後の日経平均の急落につれ安して下値を探っているところです。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!