異説・北朝鮮論 米朝同盟に進むか -非核化、南北統一までのシナリオ-

 北朝鮮と米国の首脳会談が実現する。北の“非核化”にとどまらず、南北統一まで話が進むのではないか。国交正常化を超え、「米朝同盟」に進む可能性も否定できない。朝鮮半島は大きな転機に立っている。「戯曲」です。

1、金正恩氏の満面の笑み

 これは「異説・朝鮮半島論」である。急転直下、米国と北朝鮮が同盟関係に進み、非核化が実現すると考える。世界は戦争の危機から脱する。

 3月9日、突如、世界的ビッグニュースが流れた。「米朝首脳会談開催合意」。5月に米朝首脳会談が実現することになった。2月の平昌冬季五輪での韓国と北朝鮮の南北関係改善(開幕式に南北統一旗で合同入場など)に始まり、3月5日、韓国文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使と北朝鮮金正恩(キム・ジョンウン)委員長との会談(4月末の南北首脳会談合意)、同8日(日本時間9日)韓国特使の訪米、トランプ米大統領に米朝の直接対話をしたいとの北朝鮮側のメッセージを伝える。

 トランプ大統領は金正恩委員長の申し込みを受諾、5月までに直接会談に応じると即答した。わずか3日間で米朝首脳会談の実現が決まった。あれほど罵り合っていた両者が、直接対話を行うわけであり、世界中がびっくりした。北の非核化は実現するであろうか。一触即発、戦争の瀬戸際を心配した世界は米朝対話の行方に注目している。

 まず、「究極のソリューション」は何かを考える。それは「米朝同盟」ではないか。北朝鮮が欲しいものは、石油と食料であろう。それを一番持っているのは米国である。もう一つは体制の維持である。金王朝の後ろ盾は中国か米国か。

 中国と北朝鮮は仲は良くないと言われる。習近平主席の特使が北朝鮮を訪問した際(2017年11月)の“冷遇”は話題になった。朝鮮労働党指導部と会談したが、水一杯出なかったと伝えられた。もちろん、金正恩委員長との面談もない(注1)。これに対し、今回の韓国の特使に対しては晩餐会まで催し、金正恩委員長も出席した。テレビに映し出された金正恩氏は満面の笑みを見せた(注2)。金委員長は「北朝鮮の体制安定が保証されれば、核保有の理由がない」と強調した(注3)。

(注1)2017年11月21日付け朝日新聞。
    https://www.asahi.com/articles/ASKCN5DSWKCNUHBI01D.html
(注2)2018年3月6日付けBBCニュース。http://www.bbc.com/japanese/43283984
(注3)2018年3月6日付け時事ドットコム。https://www.jiji.com/jc/article?k=2018030601128&g=prk

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 異説・北朝鮮論 米朝同盟に進むか -非核化、南北統一までのシナリオ-