今週は、日米ともに政治的リスクが上値を押さえる

先週は、週前半高く、その後は戻り売りに押され、21500~22000円のレンジの動き

 先週の予測では、戻りを試す動きだが森友学園問題で国内政治の不安定がマイナス材料としました。

 結果的には、週前半21971円の高値をつけるものの、その後は森友学園問題で国会が空転したことやアメリカ株式の一服で戻り売りに押され、21555円の安値をつけ週末は21676円で引け、何とか25日移動平均線(16日時点21670円)を上回って引けました。21500~22000円のボックス圏の動きとなりました。

 12日(月)は、前週のアメリカ株式が2月雇用統計を好感して3指標そろって大幅高となり、特にナスダックが高値更新したことで、日経平均はハイテク株中心に買われ、一時△501円の21971円をつけましたが、森友学園問題で上値を追えず△364円の21824円で引けました。

 13日(火)は、前場はNYダウ安と森友学園問題を嫌気し、一時▼123円の21700円まで下落するものの、後場には円高一服で半導体関連株が買われ△144円の21968円で引けました。

 14日(水)は前日のアメリカ株式が3指標そろって反落したことや、時間外でアメリカ株式先物が安くなっていたことも重しとなり、一時▼284円の21684円まで下げ▼190円の21777円と5日ぶり反落しました。

 15日(木)は前日のアメリカ市場が中国との貿易摩擦懸念から3指標とも続落となったことで売り先行となって▼221円の21555円まで下げるものの、円相場は落ち着いていたことから後場になるとプラスに転換し、△26円の21803円の小反発となりました。

 週末の16日(金)は、前日のNYダウの反発を受けて買い先行で始まるものの、△75円の21879円をつけたあとは、マクマスター大統領補佐官の解任報道を受け、円相場が強含んだことでマイナスに転じ、一時▼171円の21632円まで下げて▼127円の21676円で引けました。週末で売りが出やすいながら何とか25日移動平均線(16日時点21670円)で持ちこたえました。

 16日(金)のアメリカ市場は、通商摩擦が懸念され、マクマスター大統領補佐官の解任が報じられる中、経済指標は好調なものが多く株式相場は底堅い動きとなってNYダウは△72ドルの24946ドルで引けました。シカゴの日経先物は▼25円の21415円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、日米ともに政治的リスクが上値を押さえる