SDGsとESG~いかに投資評価に組み込むか

・環境について、日本は従来から力を入れてきたが、原子力発電所の事故以来、エネルギー政策をどうするかについて、合意形成が十分でない。原子力発電を一定の規模で利用し、CO2の削減に貢献するというのが国の基本方針であるが、多くの原子力発電所はまだ止まったままである。企業は自然エネルギービジネスに取り組んでいるが、補助金によるサポート付なので、規模としては十分でない。

・日本では、統合報告書を作成する企業が300社を超えてきた。その点でみると、従来のアニュアル(財務中心)レポートとCSR(企業の社会的責任)レポートを合体するという動きは活発である。しかし、統合思考(Integrated Thinking)は不十分であり、新たな企業価値創造に向けたビジネスモデルの強化や描き方も十分ではない。

・その中で、SDGsをどう取り扱うか。先進的な企業は、自社の中期計画の中に、ESGを明確に取り入れ、KPIを定めている。しかも、全社的にSDGsとの結びつきを取締役会で議論し、各事業の戦略に組み込んでいる。オムロンはその代表的な企業である。

・SDGsを通して、社会の課題を見定め、自社のビジネスモデルの中で、そのソリューションを提供するという戦略を組み込んでいる企業は今のところ少ないが、これから増えていこう。

・現在は、一部の先進的企業がそれをスタートさせた。多くの有力企業はSDGsについて学び始めているが、自社の経営戦略に本格的に組み込むところまでには至っていない。今行っている事業活動の中で、SDGsと関連するところを取り上げ、その連携を対外的に説明していこうというレベルである。

・そして、大半の企業にとっては、SDGsとは何か、自社で何か活動をする必要があるのか、国の方針でまた何かやらされるのか、という疑問や懸念が先行しており、さほど積極的ではない。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> SDGsとESG~いかに投資評価に組み込むか