相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6237)イワキ

 四季報によると、半導体・液晶、表面処理装置用が牽引。化学向けもウエハ洗浄用、リチウム電池関連など伸長。人件費増、フッ素樹脂など原材料高吸収。アジア持分益増。19年3月期も半導体関連堅調。欧米会社採算改善。バイオ研究用の小型魚類飼育システム事業化を重点育成。シェール由来のエチレン増産でポンプにも商機。技術センター(埼玉・三芳町)新棟が18年5月稼働へ。

 2月9日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+21.9%の17.86億円、経常利益+7.2%の22.90億円の増収・増益の見通し。

 昨年の11月10日時点で、営業利益を16.72億円から17.86億円、経常利益を19.69億円から22.90億円へ上方修正。

 2016年6月24日の1500円の安値からの上昇トレンド(A)の中で、2017年6月5日の2088円を安値に角度の大きい上昇トレンド(B)へ移行しました。この中で今年の1月17日の4045円、2月2日の4045円とダブル天井をつけて下落となり、2月9日の3270円まで押し目を入れて反発し、ダブル天井を上にぬけて2月22日の4440円と昨年来高値更新となりました。しかし、ここを目先のピークに日経平均の急落につれ安しているところです。
 

 

(1808)長谷工コーポレーション

 四季報によると、単体受注は4800億円(前期比4・4%減)計画。手持ち工事豊富。完工順調で採算も高水準。不動産は開発案件減り反落も、好調な賃貸や仲介子会社が補い営業増益。19年3月期も工事採算高原。マンション各戸の間取りをCG化し、VRで内覧できるシステム開発。東京・王子の賃貸住宅に学童保育新設、既存の老人ホームと合わせ多世代交流促進へ。

 2月9日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益は+7.8%の960億円、経常利益は+6.9%の950億円の増収・増益の見通し。

 昨年の11月10日の時点で、営業利益を920億円から960億円へ、経常利益を910億円から950億円へ上方修正。

 2012年9月6日の225円(併合前45円)を安値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて上昇を開始し、2015年8月6日の1699円まで上昇。約3年間で7.5倍化しました。ここをピークにいったん調整入りとなり下降トレンド(A)へ転換となり、この中で2016年2月24日の891円、7月8日の927円、9月21日の918円と3点底の形となり、918円を安値に上昇トレンド(B)へ転換しました。この上昇トレンド(B)の中で、今年の1月25日に1853円をつけて、2015年8月6日の1699円を更新し、一服となっています。2月5日の1705円で売転換となり、その後は、日経平均の急落につれ安しているところです。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!