相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(5121)藤倉ゴム工業

 四季報によると、自動車生産台数増背景に同部品増販。好採算の半導体・液晶関連向け制御機器やゴルフ用カーボンシャフトも伸長。前号比で営業益上振れ。増配。19年3月期は制御機器、カーボンシャフトの牽引続く。中国で20年3月稼働メドに建設予定の第3工場は欧州系自動車の排ガス浄化設備向け部品需要増に対応。国内は制御機器技術生かし医療機器関連も視野。

 2月13日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益は+26.7%の22億円、経常利益は+27.6%の23億円の増収・増益の見通し。

※産業用資材の大手であり、自動車部品や好採算の半導体、液晶関連向け制御機器など好調に推移。

 2012年11月8日の247円を安値に、アベノミクス相場にサポートされて上昇する過程で2013年12月18日の433円を安値に急騰となり、2014年1月9日の1750円まで短期で4倍化となりました。ここをピークに2月4日の842円まで下落し、2月13日の1380円まで急反発したあと、先細三角形(A)の下げ型となりました。この先細三角形の煮詰まったところで、2016年6月24日の370円で底打ちとなり、上昇トレンド(B)へ移行しています。この上昇トレンド(B)の中で2017年11月24日の1070円の戻り高値をつけて調整入りとなり、2月14日に753円の安値をつけて反発しているところで、本日2月26日837円で買転換出現となりました。
 

 

(5358)イソライト工業

 四季報によると、工業炉向け断熱材は安定的。自動車関連も健闘。好採算の規制対策品への国内特需が想定を超える。前号営業減益予想から一転増益。最高純益に。19年3月期は規制対策品への特需の反落で減益か。安全性高い次代セラミックファイバーに重点。EUで一般的な生体溶解性高温用の高度化に本腰。特定化学物質対象外のイソウールに続く独自品開発に全力。

 2月7日発表時点。2018年3月期本決算予想は、昨年の10月27日時点で営業利益、経常利益ともに前期比マイナスからプラスへ大幅上方修正。2017年3月期比で営業利益は+31.5%の28億円、経常利益+39.0%の29億円と大幅な増収・増益に上方修正、大幅下落となっているのは、今回も上方修正期待があったところ見送ったために失望売り。

 2013年からの170~268円の大底圏でのボックス相場の中で、2016年6月24日の180円を安値に上昇トレンド(B)へ転換し、この中で2017年7月13日の369円を安値に角度の大きい上昇トレンド(C)へ移行しました。この上昇トレンド(C)の中で今年の2月2日の1447円で当面のピークとなり、2月7日の決算で失望売りと日経平均の急落が重なって2月14日の848円まで下げて反発しているところです。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!