パウエルFRB議長の議会証言や多数の経済指標に注目

― 平昌五輪以降の北朝鮮リスクにも要注意 ―
 

週始め22000円台回復するも、すぐに反落し、もみあいへ

 先週の予測では、日経平均の上値は重く、基本的にはアメリカ株式(特にNYダウ)の動きと為替の動きをみて、どこまで上昇が継続するか見極める必要があるとしました。ドル/円の為替のチャートをみるとドルは110円を切って下放れしており、日本の輸出企業の為替レートが110円水準であることを考えると日経平均の戻りには限界があるといえるし、基本、当面は21000~22000円のレンジの中での動きを想定しました。もしこえても2月7日の長い上ヒゲとなっている22353円を埋めるぐらいとしています。

 結果的に、週始めはアメリカがプレジデントデーで休日のため、日本市場での外国人の売りが減少し、この間を狙って日経先物が大きく買われ22152円まで上昇し、△428円の22149円で引けました。しかし、その後は2日連続の大幅安となって21626円まで下げ、週末は21892円で引けました。週始め22000円台を回復するものの、その後は想定した21000~22000円のレンジの中での動きで引けました。

 19日(月)は、前週のアメリカ市場でNYダウが6日続伸したことを好感し、△183円の21903円で寄り付き、ほぼ全面高となって22000円台を回復しました。後場になると、この日のアメリカ市場は休場のため、外国人の売り注文少なく、この中で日経平均先物にまとまった買いが入って、さらに一段高となり、△428円の22149円で引けました。

 今回の下げは1月23日の24129円から2月14日の安値20950円までであり、この下げ幅の1/3戻りが22010円ですので、これを達成したことになります。

 20日(火)は、欧州株安や日経平均が3日間で合計995円の大幅上昇ということもあって、その反動から利益確定売りで大幅安となり、一時▼317円の21831円をつけ、終値は▼224円の21925円となり、22000円台回復は1日で終わりました。

 21日(水)は、連休明けのアメリカ市場では、利益確定売りで3指標そろって下落したものの、円安を支えに小反発となり、△45円の21970円でした。しかし、22日(木)は前日のアメリカ市場が長期金利の上昇を嫌気し続落したことで、日経平均は大幅反落となり、一時▼343円の21626円まで下げて終値は▼234円の21736円で引けました。

 週末の23日(金)は前日のNYダウの3日ぶりの反発を受け、日経平均も△156円の21892円と反発して引けました。

 23日(金)のアメリカ市場は、長期金利が低下したことで、3指標そろって上昇し、NYダウは△347ドルの25309ドルで引けました。為替は1ドル=106.85円で引け、シカゴ日経先物は△115円の22025円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> パウエルFRB議長の議会証言や多数の経済指標に注目