相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(5269)日本コンクリート工業

 四季報によると、パイルは関東圏での好調な需要を取り込み大幅増。セグメントも大型案件貢献して急拡大。秋口に工事量減少も年明けから回復の公算。大幅営業増益。19年3月期もセグメントの豊富な受注残などを背景に営業益続伸。最高純益を連続更新。鈴鹿にセグメントの新工場建設、18年度下期には試作品。ミャンマーは生産本格化、タイ合弁工場は18年5月完成へ。

 2月13日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業理利益+35.0%の20億円、経常利益は+29.3%の22.5億円の増収・増益の見通し。

 11月13日時点で、8月10日の営業利益+8.0%の16億円から+35.0%の20億円へ、経常利益+3.4%の18億円から+29.3%の22.5億円へと上方修正。

 2012年9月13日の205円を安値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされ、2014年9月1日の787円まで上昇しました。ここをピークにして下降トレンド(A)へ転換し、この中でほとんど全値押しの状況となり、2016年2月12日の221円で底打ちとなりました。ここから上昇トレンド(B)へ転換し、この中で2017年の4月14日の321円を安値に急角度の上昇となって、今年の1月29日の515円まで戻ったところでもみあっていたところに日経平均の急落につれ安し、2月14日に417円まで下げました。
 

 

(4779)ソフトブレーン

 四季報によると、営業支援システムは増勢。が、店頭販促の大型案件縮小が痛手。店頭販促の先行投資増も響く。営業益下振れ。18年12月期は営業支援が機能拡充で伸長。店頭販促も回復。家賃増をこなし、営業益反発。営業支援システムでナビット社の企業情報データベースと連携。業種や年商などの情報を提供。店頭販促はクラウドソーシング活用で対応業種の拡大進める。

 1月30日発表時点。2018年12月期本決算予想は、2017年12月期比で営業利益で+21.2%の11.5億円、経常利益は+20.8%の11.5億円の増収・増益の見通し。営業支援システムと店頭販促代行業。

 2017年12月期は2円増配。2018年12月期も1円増配の予定。

 2013年6月26日の106円を安値に、ゆるやかな上昇(A)の中で2014年5月20日の117円を安値に急騰となって7月8日の394円の高値をつけました。ここから7月23日の226円まで下げたあと、7月28日の280円まで自律反発し、その後ゆるやかな下降トレンド(B)を形成しました。この下降トレンド(B)の中で2016年2月12日の125円を安値に急騰し、7月6日には708円の高値をつけ、6ヶ月強で5.6倍化しました。ここをピークに8月29日の305円まで下落し、9月20日の486円まで反発後、三角保ち合い(C)となりました。三角保ち合い(C)が煮詰まって、12月7日の363円を安値に三度急騰し、2017年3月2日には746円の高値更新となりました。746円をピークに下降トレンド(D)を形成し、この中で9月6日の386円、今年の2月9日の397円と2点底をつけ2月16日に424円で買転換となっています。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!