低PER、安定成長で注目される卸売業:2018年2月19日

 株式市場の調整と円高が同時に起こっています。ただし、厳密に言えば、最初市場が大きく下げて、相場が戻る過程で円高が進んでいます。つまり、過去のパターンとはやや状況が異なります。

 相場が戻るのであれば、去年大きく買われて、直近で大きく下げた外需株を買うという考え方ができます。しかし、それらは急速な円高で打撃を受ける可能性があります。一方で、それでは内需株かと言うと、これも状況はなかなか厳しいものがあります。

 内需の厳しさは、コストアップの厳しさです。特に人件費に圧迫圧力があります。なかでも小売業や外食産業が厳しく、差別化ができていない企業は軒並み減益となっています。付加価値を上げることができているか否かで大きな差がついています。

 そんな中で、意外なほどコンスタントに収益を拡大させているのが、生活関連の卸売業である日用雑貨卸や加工食品卸です。卸売業はいまだに不要論があるような業種ですが、実はこの50年間で劇的に位置づけが変わって、今や必要不可欠な産業に変貌しているのが実態です。

 ただし、その卸売業の中でも企業間格差は大きく拡大しています。その意味では他の内需株と実情は変わりません。

 そんな中から勝ち組と目されるのは、日用雑貨卸ではPALTAC(8283)、あらた(2733)、加工食品卸では加藤産業(9869)、三菱食品(7451)などです。それぞれに状況は異なりますので、投資タイミングも異なりますが、各社とも注目企業に位置づけられます。

 なお、各社の詳細や未領土の違い、投資タイミングなどはこちらのレポートで解説しています。
http://cherry100.mods.jp/ra/s/1055
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 低PER、安定成長で注目される卸売業:2018年2月19日