アメリカの上昇に連動して、日経平均の上昇がどこまで継続するか見極めるところ

アメリカ株式は5日連騰し、日本も週後半つれ高となって大幅上昇

 先週の予測では、引き続きNYダウに連動する荒い動きになるとし、週末のオプション決算日まで続く可能性があるとしました。その原因は、長期金利の上昇に伴うVIX指数の急上昇によるアルゴリズムトレードの売りでした。日経平均のレンジはチャートをみると下値は21000円前後は大きなフシとなっていますので上値はNYダウ次第ですが、当面は21000~22000円の中での上下動としました。又、為替は追加利上げ観測は高まっており、日米金利差が拡大するところですがトランプ政権での11月中間選挙に向けた貿易是正から「ドル安」政策と財政赤字懸念からドル安・円高の方向の動きとなってきています。

 結果的には、金利上昇一服とVIXショックも一服となったことで、アメリカ株式は自律反発が続き、NYダウは6日続伸となり週後半は日経平均も連動して2日連続の大幅反発となり、16日(金)は21866円まで上昇して△255円の21720円で引けました。

 3連休明けの13日(火)は、前週末のアメリカ株高を受け、前場は△285円の21668円で引けるものの、後場になると円が強含むと先物主導で下げに転じ、▼137円の21244円で引けました。

 14日(水)は、前場は一時△126円の21371円まで上昇後マイナスに転じ、後場には為替が1ドル=106円台の円高になると、日経平均は一時▼294円の20950円と21000円を割り込みましたが、終値では▼90円の21154円となりました。 200日移動平均線(13日時点21030円)を割り込んだあと回復したことで目先下値をつけた動きとなりました。

 15日(木)は、前日のアメリカ株式が4日続伸し、NYダウは△253ドルの24893ドルとなったことで、円高の影響は限定的なものとなり、一時△424円の21578円まで上昇し、△310円の21464円と4日ぶりの反発となりました。

 週末の16日(金)も前日のアメリカ株式の5日続伸を受け全面高となって一時△401円の21866円まで上昇しましたが、為替が1ドル=105円台をつけるとさすがに上値は重くなり、△255円の21720円で引けました。

 16日(金)のアメリカ市場は、経済指標は好調なものの3連休を控えて3指標はやや軟調なスタートとなりました。だが、10年債利回りの上昇がみられなかったことで株価は次第に買い優勢となりましたが、午後にモラー特別検察官が大統領選にからみ、複数のロシア人と企業3社を訴追すると発表したことで、ロシアゲート問題が再燃し、株価はチグハグの動きとなりました。NYダウは△19ドルの25219ドルと6日続伸でした。シカゴの日経先物は△135円の21875円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> アメリカの上昇に連動して、日経平均の上昇がどこまで継続するか見極めるところ