相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(1893)五洋建設

 四季報によると、海外大型工事獲得し受注6010億円(前期比28・9%増)計画に増額。潤沢な手持ちの完工順調。不採算工事なくなり増益幅拡大。会社計画保守的。19年3月期は採算高原も、海外大型工事の進捗は先。シンガポールの大深度長距離シールド工事を423億円でJV受注。社債100億円発行し支払い条件を現金払いに一本化、下請け業者の経営支援等が主旨。

 2月8日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益は+9.2%の265億円、経常利益は+9.7%の260億円の増収・増益の見通し。前回の11月10日時点より営業利益は+0.9%の245億円から+9.2%の265億円、経常利益は+1.2%の240億円から+9.7%の260億円へ上方修正。」

 2013年6月27日の209円を安値とする上昇トレンド①の中で、2015年8月18日の628円の高値をつけ、短期の調整入りとなって、2016年1月21日の412円、2月12日の414円を2点底に上昇トレンド②へ移行し、さらに2017年2月13日の500円を安値に角度のより大きい上昇トレンド③へ移行しました。この上昇トレンド③の中で、今年の1月23日に888円の高値をつけ、もみあっていましたが、2月8日の上方修正を受けたにもかかわらず、日経平均の大きな下落につれ安する形となりました。安いところは買って反発を待つところです。
 

 

(6345)アイチコーポレーション

 四季報によると、高所作業車は電力・通信向けが設備更新需要高く順調。鉄道増勢。部品・修理も積み上がる。レンタル向け減少だが営業益高水準。固定資産除却特損減。19年3月期は、高所作業車はレンタル伸び悩むが電力・通信向け中心に需要堅調で増益。国内でトラックマウント式新製品2種を投入、需要掘り起こし。海外でもオセアニアで販社設立、自走式市場開拓。

 2月1日発表時点、2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+2.5%の80億円、経常利益+2.0%の82億円の7期連続の増収・増益の見込み。

 2012年11月13日の300円を底値に、アベノミクス相場にサポートされて2013年7月16日の610円まで上昇後、いったん調整入りとなり、2014年2月4日の406円まで下落。その後、10月14日の459円を2点底にして上昇トレンド(A)へ移行し、2015年8月18日の809円まで上昇しました。ここから9月30日の664円まで押し目を入れて急上昇となり、12月2日の915円の高値をつけました。それ以降の動きは、おおよそ670~915円のボックス相場の動きとなっています。直近では、昨年の12月25日の860円を高値に、日経平均の急落につれ安し、2月6日に685円まで下げ、ボックスの下限を試す動きとなっています。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!