今週も、NYダウに連動して、大きな上下動で下値模索も

(指標)日経平均

 先週は、アメリカ株式と為替に左右される展開になるとし、決算発表中で機関投資家は動きにくいので、先物主導で上下にブレる可能性があるとしました。日本市場の2月5日(月)の引け後の▼592円の22682円のチャートの形をみて、トランプ相場の上昇幅の1/3押し水準まで下げるシナリオを提示しました。

 結果的に、週の終値では▼508円の21382円となり、1/3押しの21457円を下回る水準まで下げ、ザラ場では38.2%押しの21067円に接近する21119円まで下げました。

 今週は、アメリカ株式の上下動に左右される展開。大きな値動きも今週末にオプションの決済日を控えていることで、荒い動きの可能性。NYダウが一段安となれば日経平均も21000円を試す動きが想定されます。チャートからは、21000円前後が大きな下値ゾーンとみられます。上値は柴田罫線では、引線の終値で21900円以上で引ければ買転換となって戻りを試す形となります。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週も、NYダウに連動して、大きな上下動で下値模索も