相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6507)シンフォニアテクノロジー

 四季報によると、クリーン搬送機器高水準、振動機器も好調で利益柱のパワーエレクトロニクス拡大。対潜哨戒機向け大型案件納入開始やFA関連ブレーキ牽引しモーション機器も好調。工事関連は下期で挽回。19年3月期もパワーエレクトロニクスが牽引。業界最小クラスで省エネタイプの超小形電磁ブレーキ開発。医療用ロボット等で需要探り、3年後年商5億円目指す。

 11月7日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+45.6%の76億円、経常利益+28.6%の70億円と5期連続の増収・増益見通し。

 電機:半導体搬送、航空、制御機器、モーション聞き、パワーエレクトロニクス機器。

 10月24日には、9月中間決算上方修正。2019年3月期も業績続伸が見込まれ、過去最高値更新する見通し。(今週、決算発表予定)

 2015年3月2日の290円の高値をつけたあと、6月15日の262円の戻り高値から、短期の下降トレンド(A)を形成。この中で2016年2月12日の136円で底打ちとなり、いったん反発してもみあい、8月26日の162円を2番底にして急角度の上昇となり、7月24日に503円の高値をつけました。その後、8月14日の388円まで押し目を入れたあと、9月19日の510円と高値更新し、12月6日に403円まで押し目を入れて、再び、今年の1月26日に518円と昨年来高値更新となり、押し目を形成しています。
 

 

(5609)日本鋳造

 四季報によると、素形材が鉄鉱石再騰受け鉱山建機部品復調。半導体装置向けも伸び、部門年商70億円超と黒字化。橋梁部品は高速道、柱脚もホテルなど想定超の受注続く。会社修正営業益はなお増額余地。特損消滅。19年3月期も橋梁部品・柱脚に東京五輪特需。熱膨張ゼロの自社合金を粉末にし、3Dプリンタによる積層造形を実現。半導体や液晶など超精密分野の用途開拓。

 1月19日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益は8億円の黒字転換、経常利益も8億円の黒字転換。10月20日時点の予想より、ともに5億円の黒字転換から8億円へと上方修正の見通し。

※東京五輪向けの首都圏再開発需要や半導体需要の拡大で業績好調が見込まれる。

 2012年10月15日の760円(併合前76円)を底に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて上昇。2014年3月13日には3100円まで急騰となりました。ここをピークに下降トレンド(A)へ転換し、行って来いとなって、2016年2月12日の780円まで下落しました。ここから4月21日の1230円まで自律反発後、950~1120円の横もみ(ボックス相場)となって、11月9日の960円を安値に上昇トレンド(C)へ転換しました。この上昇トレンド(C)の中で、今年の1月19日の決算発表で上方修正を受け、1月22日に1980円まで上昇し、目先材料出尽くしと日経平均の急落につれ安し下落しています。大きく下げたところのリバウンド狙いとなります。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!