S&P500月例レポート(2018年2月配信)

●2018年2月の見通し

 これまで同様、2017年第4四半期の1株当たり利益(EPS)が2月も引き続き相場を下支えし、最高値更新へ押し上げていくと予想されます。好調な業績内容や(所得税減税を背景とした)利益予想の引き上げが今後も続くと予想されるからです。月後半は小売業界の業績発表が相次ぐ予定ですが、ホリデーシーズンに関して利益率の低下が予想されます。所得税減税(2018年2月15日までに実施予定)によって消費者の懐具合に余裕が出るため、その一部が消費に回されるとの期待感から、小売企業の業績見通しの引き上げが予想されます。とはいえ、市場(と政府)は、まず2018年2月8日までのつなぎ予算の問題に対処する必要があります。さもなければ、再び政府機関の一部が閉鎖に追い込まれることになります。また、債務上限問題も対応を迫られることになります。現在、政府債務は上限を超えており、財務省が(会計上の処理を通じて)「やりくり」している状況です。過去を振り返ると、2月は53.9%の確率で上昇しており、上昇した月の平均上昇率は2.88%、下落した月の平均下落率は3.33%、全体の平均騰落率は0.02%の上昇となっています。2018年について言えば、「1年の相場は1月の相場次第」という昔からの相場の格言があり、この格言は(1928年以降では)71.9%の確率で的中しています。今年の1月相場は5.62%上昇し、相場のモメンタムと期待感を一段と押し上げています。今後のFOMCのスケジュールは、2018年3月20日―21日(新たな運営体制の下での開催)*、5月1日―2日、6月12日―13日*、7月31日―8月1日、9月25日―26日*、11月7日―8日、12月18日―19日*(*は記者会見が行われる)となっています。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> S&P500月例レポート(2018年2月配信)