今週は、アメリカ株式を横目に下値模索の動き

先週は、25日移動平均線を下放れし、一時23092円まで下落

 先週の予測では、決算発表が本格化するものの為替が円高水準のままであれば上値重く、これまでのように23500~24000円のレンジの中でのもみあいが続くことになるとしました。しかし、週始めの29日(月)の日経平均の動きが前場は△155円の23787円まで上昇したものの、後場になるとマイナスに転換し、大引けは▼2円の23629円で引けました。これは4日続落の陰線となったことで、25日移動平均線(29日時点23483円)を切ると下放れになってしまうとしました。

 結局、30日(火)に▼337円の23291円と25日移動平均線を切って大幅下落、31日(水)も▼193円の23098円と6日続落となり、この6日間で1037円の下落となりました。2月1日(木)は、自律反発で△387円の23486円と約37%の戻りとなったものの、週末の2日(金)は、すぐに▼210円の23274円と大幅反落で引けました。23500~24000円のレンジを下放れして終わりました。

 29日(月)は、前週末のアメリカ株式が3指標そろって最高値更新したことを受け、108円台の円高にもかかわらず、前場は△75円の23707円で寄り付き、一時△155円の23787円まで上昇しました。後場になると円高を嫌気して先物にまとまった売りが入り、マナイス圏に沈み、前週末の終値近辺でもみあい▼2円の23629円で引けました。日足の動きをみると4日続落の陰線となっており、下値をさぐる可能性が高いことから、25日移動平均線(23483円)を切ると下放れになるという予想を加えました。

 30日(火)は、アメリカ市場では長期金利の上昇を嫌気し、3指標そろって反落したことで、後場、一時▼395円23233円まで下落し、終値は▼337円の23291円と25日移動平均線を切って下放れの形となりました。

 31日(水)も前日のNYダウの▼362ドルの26076ドルという大幅下落を受けて、一時▼199円の23092円まで下げて▼193円の23098円で引けました。 この日まで6日続落で1037円下げており、2月1日(木)は、さすがに自律反発の動きとなり、先物主導で上げ幅を拡大し△387円の23486円を大幅反発となりました。

 これは6日間の下げ幅の約37%にあたり、1/3戻しを達成しましたので、自律反発による上昇なら、ここから再下落とみるのがふつうです。

 結局、週末の2日(金)は、寄り付きから▼124円の23361円で始まり、一時▼363円の23122円まで下げて、前場は▼304円の23181円でした。後場になると日銀のETF買い観測を支えに下げ幅を縮小するものの、戻りは限定的で▼211円の23274円で引けました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、アメリカ株式を横目に下値模索の動き