中国が労働力を輸入する日 -Xデーは2020年代前半-

 中国は膨大な労働人口を擁し、長年、世界に出稼ぎ労働者を派出してきた。しかし、近く、労働力の輸入国に転じる可能性がある。日本は外国人労働者に支えられているが、中国が輸入国に転じると、フィリピン人やインドネシア人を奪い合う競争になる。日本への衝撃は大きい。

1、はじめに

 日本は、今年は外国人労働者の増加が加速するであろう。コンビニ、居酒屋、建設現場、工場、農業など、外国人依存はますます度を高め、外国人に支えられた社会である姿が現れよう。

 しかし、一方で、外国人労働者の供給には問題が生じつつある。第1に、日本の賃金は国際的にみて低いので、出稼ぎ労働者に必ずしも歓迎されなくなりつつある。この点は前回、前々回論文でも指摘した。

 もう一つの問題は、最大の供給国であった中国が、労働力の輸入国に転じる可能性があることだ。すでに、日本向けの労働者送り出しは減少し始めているが、もし労働力の輸入国に転じれば、今度は日本とフィリピン人やインドネシア人を奪い合うことになり、フィリピン等からの日本への供給も減ることが予想される。日本の競争力に陰りが出ているところに、新たな受入れ競争国の出現は日本にとって厳しい事態だ。

 中国経済は6~7%成長に減速した。ごく当たり前のことが起きただけである。日本は高度成長の後、突如、70年代に「成長屈折」し、二ケタ成長から4%成長に減速した。先進国にキャッチアップした結果である。中国も、同じことが起きただけである。しばらく、5~7%成長の局面にあり、その後、2段階屈折を迎え2~3%成長になろう。2030年頃か。

 中国は二ケタ成長は終焉したと言っても、当面6~7%成長が予想される。それに伴い、何が起きるか。世界へのインパクトは色々あるが、ここでは「労働力の輸入国」に転じる可能性を指摘したい。(注、ここで問題にするのは、専門的・技術的分野の高度人材ではなく、workerレベルの「出稼ぎ労働者」の受入れである)。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 中国が労働力を輸入する日 -Xデーは2020年代前半-