日経平均株価3万円への期待~投資環境とリスクを読む

・日本の金利は上がるのか。円高に振れることはないか。そして、デフレに戻ることはないのか。その3点が株式市場にとって決定的である。昨年12月に、野村證券の木下智夫エコノミスト(投資情報部チーフ・マーケット・エコノミスト)の話を聴いた。それをベースに考えてみたい。

・今2018年は、世界同時の景気拡大が続きそうである。景気がよくなってくると、課題や弱いところが隠されてくる。米国では株高で資産効果が出ている。その一方で、生産性の上昇はかつてに比べて鈍い。

・欧州も、選挙が終わって一安心ながら、政治的不安定は改善していない。中国は党大会が終わって、習政権は強固なものとなり、経済は底固い。その中での拡張路線は摩擦を生む。日本も安倍一強体制は継続するが、綻びが出ずに次の手が打てるか。これらが懸念される。

・世界をみると、経済は好況であるが、政治は不況といえる。とりわけ、米国のトランプ政権は、米国ファースト(自国勝手主義)を貫いており、摩擦の火種は広がっている。

・景気を映す米国の金利をみると、長期金利はジワリと上がっている。大幅減税案が通って、労働需給はタイトである。12月時点で2.45%まできていたが、木下氏は2.6%程度まで上がるとみていた。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 日経平均株価3万円への期待~投資環境とリスクを読む