相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(7913)図書印刷

 四季報によると、教科書は非改訂期。出版印刷は学参書が増えるが、前期にぎわったコミックが反動減。商業印刷は販促物減る。法人事業税の費用処理2億円なくなっても営業益は前期並み。株売却特益7・5億円計上。19年3月期は買収の出版子会社が上乗せ。高校生向け英語、国語の教科書と参考書出版の桐原書店を子会社化。川越工場の物流改善レイアウト変更に着手。

 2017年11月2日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+112%の6億円、経常利益+20.6%の9.5億円の増収・増益の見通し。

 2019年5月1日から新元号スタート。混乱を避けるため前倒しで今年の半ばに元号を公表。

 2012年10月15日の232円(併合前116円)で底打ちとなり、上昇トレンド(A)を継続中。この中で2012年11月中旬のアベノミクス相場をスタートに2014年9月11日の1188円(併合前594円)まで上昇し、ここでいったんピークをつける。ここからの調整で2015年1月20日の612円(併合前306円)を安値に反発となり、2016年2月12日の840円を安値とし、5月16日の1170円を高値とするボックス相場(B)〔柴田罫線では882~1164円〕となってもみあいが継続しています。直近の動きでは昨年の11月2日の1144円を高値に、11月24日の968円を安値にもみあって12月26日に1023年で買転換となっています。この水準から安値あればじっくり仕込んでテーマが動き出すのを待つ投資となります。
 

 

(6772)東京コスモス電機

 四季報によると、車載用電装品はフィルムヒーターやセンサーが好調。アジアで可変抵抗器も好伸。が、工場の設備増設に伴う一時的生産減や減価償却費増が響く。営業減益。為替差損減るが操業準備費用。特益減る。19年3月期は車載用電装品が伸長し利益好転。中国・広州の新工場は17年秋稼働。会津子会社第2工場での車載用品の成形・プレス加工も同年6月稼働で増強。

 2017年11月13日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益は-21.1%の3.4億円、経常利益は+55.0%の2億円と減収・増益の見通し。

※足元の業績は今一つですが、今後、電気自動車関連として期待されます。同社の自動車用電装センサーフィルムヒーターは電気自動車の普及拡大によって恩恵を受けることになります。

 2012年6月8日の97円からの上昇トレンドの中で、11月9日の105円を安値にアベノミクス相場にサポートされて、2014年1月9日の256円、7月8日の267円と2点天井をつけ、ここをピークにいったん下降トレンド(B)へ転換しました。この中で2016年6月28日の92円で底打ちとなり、11月9日の105円を2点底に急騰となり、2017年3月14日の375円の高値をつけました。ここから4月12日の217円まで下落後、上値、下値を切り上げる上昇トレンド(C)へ移行しています。直近では、この中で昨年の11月9日に328円まで上昇して、11月15日の252円まで押し目を入れ反発の途中にあります。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!