今週は、為替とアメリカの政府機関の一時閉鎖の影響に注目

先週は、アメリカ株式の継続する3指標そろっての最高値更新を受け、一時2万4000円台回復

 先週は、前週に引き続き、日経平均は23500~24000円のレンジの中でのもみあいが基本となるとしました。アメリカ株式は、NYダウ、ナスダック、S&Pの3指標が継続して最高値更新を続けているものの、日経平均は日銀のこれまでの金融緩和が縮小されるとの見方が出て、円高基調となっており、日経平均の上値を重くしています。そのため22~23日の日銀金融政策決定会合での黒田総裁の会見を待つことになるため、為替の方向を確認するまでは日経平均は動きにくい状況になると考えられました。

 結果的には、終値ベースでは23500~24000円のレンジの中に収まりましたが、18日(木)にはアメリカ株式の大幅高と円がやや弱含みとなったことを受け、先物主導で寄り付きで24000円台にのせ24084円をつけました。しかし、ここをピークに上げ幅を縮小し、マイナスに転じて週末の19日(金)は、23808円で終わり、終値ベースでは23500~24000円のレンジの中の動きとなりました。

 15日(月)は、前週末のアメリカ株高を受け△174円の23827円と高寄りして始まるものの、1ドル=110円台の円高が重しとなり、上げ幅を縮小して△31円の23685円をつけ、その後は押し目買いが入って△61円の23714円と4日ぶりの反発となりました。

 16日(火)は、時間外のNYダウが大幅に上昇し、為替もやや円安方向にあったことで前場は△130円の23846円で引け、後場になると値ガサ株中心に押し目買いが入り、一時△247円の23962円をつけ、△236円の23951円で引けました。1991年11月15日(終値2万4099円)以来の水準となりました。

 この上昇は、円高一服で先物に買いが入り、インデックス買いが絡んで上昇して一段高となったもので指数だけの動きといえました。

 17日(水)は、前日のアメリカ株式が3指標そろって反落したことで、日経平均も売り先行となり、一時▼212円の23739円まで下げ、終値は▼83円の23868円と3日ぶりに反落しました。

 18日(木)は、前日のアメリカ株式が大幅反発で3指標そろって最高値更新となったことで朝方は△210円の24078円で寄り付き、24084円の高値をつけました。これはザラ場では1991年11月18日以来、約26年2ヶ月ぶりの24000円台となります。

 しかし、後場になると先物にまとまった売りが入って、一時▼168円の23699円まで下落し、終値では▼104円の23763円となりました。

 週末の19日(金)は、押し目買いが入って△44円の23808円で引けました。

 19日(金)のアメリカ市場は、引き続き減税による企業業績向上期待で上昇し、3指標とも反発するなか、S&Pとナスダックは最高値を更新しました。シカゴの日経先物は△35円の23835円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、為替とアメリカの政府機関の一時閉鎖の影響に注目