相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(3238)セントラル総合開発

 四季報によると、新築マンション竣工が上期は札幌1棟のみ。下期12棟(首都圏3、地方9)が集中、引き渡しは16%増の650戸想定。契約進捗率は10月末75%確保。数量増で増益。税効果一巡。19年3月期は引き渡し戸数横ばいでも首都圏物件が増加。連続増配か。18年度は13物件(上期2、下期11)竣工。首都圏は5件。地方は初の高知2物件含め8件計画。新規エリア開拓進む。

 2017年11月10日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+25.3%の10億円、経常利益+51.5%の6.5億円の増収・増益の見通し。

 2012年6月5日の144円を底値に反発してもみあい、11月中旬のアベノミクス相場にサポートされて本格上昇となり、2013年4月22日に547円のピークをつけました。ここから急角度の下降トレンド(A)となって6月27日に253円まで下げ、いったん反発して11月8日の369円まで戻したあと、ややゆるやかな下降トレンド(B)へ移行しました。この下降トレンド(B)の中で2016年1月21日の132円で底打ちとなって、もみあったあと急上昇となって5月19日の444円まで上昇しました。ここから大きな押し目を入れて、6月1日の357円まで上昇し、6月24日の212円まで下げて三角保ち合い(C)入りとなりました。この中で煮詰まり2017年8月14日の251円を安値として上放れし、1月9日に301円で買転換となりました。
 

 

(6988)日東電工

 四季報によると、車載用テープ堅調。核酸医薬の受託合成は価格競争厳しい。ただスマホ高機能化背景に、有機EL向けフィルムが想定超。増益幅拡大。連続増配。19年3月期は有機ELが需要拡大続いて利益を牽引。超強力製品が少ない車載向けで、自動運転での電波受信用品を開発中。短距離大容量通信の光ケーブル事業参入。19年度量産、23年度売上1000億円目標。

 2017年10月31日発表時点、2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+45.8%の1350億円、経常利益+47.1%の1350億円の大幅増収・増益。7月31日時点では営業利益は+8.0%の1000億円、経常利益は+8.9%の1000億円だったため10月31日の決算発表は大幅上方修正。

 2013年12月13日の4040円を安値に2015年7月3日の10425円まで上昇し、いったんここをピークに下降トレンド(A)へ転換し、2016年2月12日の5175円で底打ちとなりました。2016年1月25日の7499円を高値とし、5175円を安値とする下値切り上げの直角三角形の保ち合い(B)となり、この煮詰まったところの11月9日の6768円を安値に上放れとなりました。2017年2月15日の9859円まで上昇後、4月19日の8048年まで押し目を入れ、ここから上昇トレンド(C)を形成。この中で11月7日の11750円で当面のピークとなって反落となり、12月6日の9974円、12月29日の9997円と2点底をつけて反発し、今年の1月10日に10570円で買転換となりました。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!