今週は、為替に注目。23500~24000円のレンジの中でこう着相場か

連休明けの9日(火)の23952円をピークに翌日から3日続落

 先週の予測では、週末にSQを控え荒い動きの可能性があるとし、連休明けの9日(火)の動きをみて目先目標達成感から先週は一服する場面を想定しました。つまり、9日(火)の日足の動きは、△234円の23948円で寄り付き、高値23952円をつけて△74円の23789円まで下げ幅を縮小し、△135円の23849円で引けました。

 この日まで日足は3日連続でマドを空けて上昇(3空)し、陰線で引けているのでチャートの形としては目先の目標達成の形となっていました。先物も24000円にタッチしたあと下げていますので、24000円が目先の上値抵抗ラインになる可能性があるとしました。

 結果的に、高値が23952円で安値は週末の12日(金)に23588円まで下げて▼56円の23653円で引けました。1月SQ値の23723円を下回って引けました。

 成人式で休場(8日)のあとの9日(火)は、NYダウは一服するもS&P、ナスダックの最高値更新を受けて、△234円の23948円で寄り付き、直後に23952円まで上昇後、為替が113円台から112円台の円高にふれたのをきっかけに△74円の23789円まで上昇幅を縮小、その後、押し目買いがあって△135円の23849円で引けました。新年から3日連続で昨年来高値を更新し、1991年11月15日(終値24099円)以来の26年2ヶ月ぶりの高値水準となりました。しかし、日足の形では3日連続でマドを空けて上昇し、陰線で引けていますので、目先、目標達成の形でした。

 その後の3日間はアメリカ株式が3指標とも連続で最高値更新しているにもかかわらず、利益確定売り優勢となり、10日(水)は▼61円の23788円、11日(木)は▼77円の23710円、12日(金)は▼56円の23653円と3日続落となりました。

 12日(金)はSQ日であり、前日のアメリカ株高を受けて△9円の23719円で寄り付くものの上値は23743円までで、その後は為替の111円台前半の円高進行が重くのしかかり、23588円まで下げ、大引けは▼56円の23653円で引けました。

 この日の午後発表された昨年12月の景気ウォッチャー調査でDIが53.9(前月比-0.2ポイント)と5ヶ月ぶりの悪化も嫌気されました。

 12日(金)のアメリカ市場は、金融株の好決算と原油高を受けて、NYダウは△228ドルの25803ドルとなり、S&P、ナスダックも3指標そろって大幅高となりました。為替は一時110.92円まで下げましたが、シカゴ日経先物は△180円の23820円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、為替に注目。23500~24000円のレンジの中でこう着相場か