相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(1926)ライト工業

 四季報によると、単体受注は前期並み840億円計画は上振れも。手持ち工事豊富。前期の好採算除染工事剥落も、独自工法で採算確保。19年3月期も好採算工事完工し営業益高原続く。配当性向は3割メドに引き上げ。耐震補強を小型機械で行う工法が国土技術開発賞受賞。施工位置まで建設機械を誘導する技術が国土交通省の新技術情報提供システムに登録、営業に追い風。

 2017年11月7日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益-8.2%の90億円、経常利益-7.3%の92億円の減収・減益の見通し。

 2014年2月4日の628円を安値とする上昇トレンド(A)の中で、2015年10月16日の1235円の高値をつけて、いったん反落となり2016年1月21日の927円を安値とし、4月18日の1339円を高値とする三角保ち合いへ移行しました。この三角保ち合いの中で2017年9月6日の1052円を安値に反発となって12月14日の1330円まで上昇し、ザラ場では2016年4月18日の1339円を突破できませんでしたが、柴田罫線では12月11日の1321円の終値で三角保ち合いを上放れした形となっています。

※約2年近く三角保ち合いの中でもみあい柴田罫線では昨年の12月14日の1330円で上放れ。
 

 

(6817)スミダコーポレーション

 四季報によると、IFRS適用で営業益6億円カサ上げ。車載、家電向けが快調。産業用も着実。18年12月期は電装部品の搭載率向上するEV開発促進で車載向けが加速。銅市況高は販価転嫁で吸収する。営業益伸長。 モーター、バッテリー、PCU、充電スタンド等の新需要狙う。欧州の一部で納入実績も。M&A含め21年度売上1000億円以上、営業益100億円以上目標。

 2017年10月27日発表時点。2017年12月期本決算予想は、2016年12月期比で営業利益+3.6%の59億円、経常利益+6.1%の51億円の増収・増益の見通し。

 ○同社はコイル専業大手でスマフォ向けやFA、産業機械向けコイルを生産。電気自動車が普及する中、コイルはキー部品となるとみられ成長性は高い。

 2012年10月4日の358円で底打ちとなり、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされ2015年8月20日の1064円まで上昇。ここをいったんピークに短期下降トレンド(A)に転換し、2016年2月12日の497円の安値をつけて反発となり、6月28日の623円を2点底にして今度は上昇トレンド(B)へ転換しました。この上昇トレンド(B)の中で2017年7月21日の2400円で当面のピークとなり、9月6日の1822円まで押し目を入れて、9月29日の2196円まで反発後、短期的下降トレンド(C)へ移行しました。この中で12月5日に1852円の安値をつけ12月18日に1984円で買転換となっています。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!