今週は週末にSQを控え、短期的過熱感もあることで荒い動きの可能性も

(指標)日経平均

 日本市場の新年相場は、日本が休場中に世界の株高が大きく進み、これを受けて大発会(4日)の日経平均は△741円の23506円と年末から3日ぶりの大幅反発となり、26年ぶりの高値水準となりました。翌日の5日(金)も113円台の円安を好感し、先物主導でインデックスを巻き込み△208円の23714円で引けました。

 今週は、週末12日(金)にオプションSQを控え、短期的な過熱感もあるため、荒い動きの可能性もあります。先週の上値は先物主導に絡んでインデックス買いが絡んだ上昇ですので、日経平均の上昇ほどには個人投資家が好む中小型株は上がっていません。日経平均が下げても先行した株が売られて出遅れた株が水準訂正していくことになりそうです。

 本日1月9日(火)は、寄り付き直後に△238円の23952円まで上昇して、ここをピークに上げ幅を縮小し、△74円の23789円まで押し目を入れるものの、ここからは23800円台でもみあったあと△135円の23849円で引けました。3空をあけた上昇となっており、目先24000円が上値抵抗ラインとなる可能性があります。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は週末にSQを控え、短期的過熱感もあることで荒い動きの可能性も