【Alox分析】今年の粉飾を把握する〔2017年〕- 資金流出系の隆盛 –

【ベストオブ不適切な会計に関する調査報告書】
独断と偏見に基づく、今年の一読に値する報告書は、アピックヤマダである。

まず、キッカケの内部告発文書が強烈だ。
<内部告発文書の概要>
●宛先
「監査法人****代表者様,アピックヤナダ(株)(注:原文ママ)監査担当責任者様」
●文書概要
アピックヤマダ(株)2017年3月度売上高の半数以上が、売上計上基準を逸脱した物が売上計上されている。
経営トップの指示で、ISO・内部統制など関係ない!
売上に上げられる物はどんな手段を使っても期末に売上に上げろ!

売上基準逸脱内容として、
残件(残作業など)が残っていても、納品作業書に記載せず、合格と記載させ、残件は別途内緒で処理。
納品作業もしていないのに、納品作業書を偽造・指示(特にA 国、現地サービス会社外注先A 社)。
顧客合格署名偽造、顧客に署名させるペンを購入し、そのペンを修正用とし保管。

<経理・財務担当のK取締役の迷言>
改竄行為をした理由について、経理・財務担当のK取締役は、「会計監査人と売上計上の可否について議論することが面倒くさかったからである、また会計監査人の担当者と相性が合わなかったからである。」等と供述している。

<粉飾前と後のプレッシャー>
調査報告書において、粉飾のプレッシャーに触れた点は、新たな視点である。

「ヒアリングを要請した従業員の中に、体調不良を理由にヒアリングが実施できなかった者、及びヒアリングは実施できたものの体調不良を理由にその方法及び時間等が制約された者が認められた。

これらの者の体調不良の原因は明らかではないが、本件不適切な会計処理に関与した者の中にこのように複数の体調不良者がいたということは、因果関係は明白ではないとはいえ、本件不適切な会計処理が、何らかの形でこれら従業員に強いプレッシャーを与えた可能性が否定できない。」

トップダウン型の粉飾においては、従業員は不正をしていることに気付いても、上司の命令に逆らうことは困難である。

粉飾が発覚後のヒアリングは、その会社の従業員として働き続けることを選択している社員には、たとえ秘匿だとしても、トップや会社に不利なことを話すことは相当なプレッシャーだ。
 
粉飾は「百害あって一利なし」なのは言うまでもない。
 

ベストオブ不適切な会計に関する調査報告書
1位:アピックヤマダ
<調査報告書>
http://alox.jp/dcms_media/other/170630_6300.pdf

2位:郷鉄工所
<調査報告書>
http://alox.jp/dcms_media/other/170502_6397.pdf

同率2位:ユニバーサルエンターテインメント
<調査報告書>
http://alox.jp/dcms_media/other/170630_6300.pdf

──────────────────────────────
【注意】本コンテンツは各種情報の提供を目的としております。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。記載された情報を使用することにより生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。また、本コンテンツに記載された意見・見通しは表記時点での私見を反映したものであり、今後変更されることがあります。
──────────────────────────────
 

1 2 3 4 5

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 【Alox分析】今年の粉飾を把握する〔2017年〕- 資金流出系の隆盛 –